2017年02月13日

2017☆殿様バレンタイン (ナニ!

突然ですが。
昨日、友から「友チョコ」貰いまして…。

こっっっこれはっっっ!!!


2017vtd02.jpg


まぎれも無い伊達政宗仕様!!!


2017vtd001.jpg


おおおーーーーーーーーー凝ってますね!。
意匠がまず凄いです!!。
(兵(つわもの)シリーズの中の「洒落者」が政宗公バージョン♪)

武将チョコって、以前から出てるのは知ってたんだけど、
他には幸村(信繁)とかノブ様とか、バージョンあったと思うんだけど、
実際に見ると!
いや実際に食べて見ると!!、
更に凄いです、コレ!。


くはっっっ。
九翟紋の「日本酒味」が……すんごい美味です!!!。
なんだろうコレ…ホワイトチョコレート苦手なんだけど、
いや寧ろこれを浴びる程食べたい!(わはははははははは^^;。

あとはね、
政宗様印のw「きな粉味」も美味しかった。
きな粉の味がするかどうかは微妙だけど(微妙なのかw、
チョコレートそのものが美味しい。

「プレーンミルク」もチョコレート自体が美味いっす!!。

「ずんだ味」は…ずんだっぽい感じです。
(ずんだはずんだ餅が一番美味しいんじゃないかな、やっぱww)

「味噌味」と「玄米味」は…力作ですが…すびばせん、
塩味がキツくて…ちょっと苦手でした。


それにしても。
これを開発した方たち…他の武将の事もあるし、
かなり調べて考えて作ったチョコレートじゃないでしょうか。
余りの凝り具合に、ソレガシ感服致しました!!。


戦国武将と甘いもの言えば…、
ノブ様が甘党だったって話ですよね。
あんまりお酒強くなかったという噂もあり、
だからしょっちゅう干し柿食べてたって。

当時、お砂糖なんてそうそう無かったと思うんで(確か)、
干し柿の甘さは破壊的な威力だったのではw。


それから、
「ずんだ」ですけど…コレ、政宗公の発明って説もあるけど、
もっと遅い時代の産物じゃないかな…。
で、
「ずんだ」そのものは結構足が早い食べ物だという印象があるので、
戦国期にもし作られ出したものだったら、
「作ったら即食べる」的な事じゃないと…お腹壊したんじゃないかなって、
いつもなんか心配な気持ちになります。


そういえば。

京都に「清浄歓喜団」ってお菓子ありますよね。
あれって…遣唐使の頃に伝来した仏教系(密教)のお菓子という話で、
現代にもその姿を伝えているという古の…。
(京都の亀屋清永というお店に伝承)

こちらのお店の解説によると、
身分の高い人々しか口には出来なかったそうです。
お菓子とか食べ物というよりも、
「宗教的な厳かな食べ物」という位置付けかもしれませんね。

実は自分も、一度食べてみた事があるのですが、
…いやもうホントに固い(トホホ。
小麦粉とか米粉を練ったもので(餃子の皮とかより厚い感じ)、
餡(最初はかんぞうとか栗とか杏とかを入れ、江戸期には小豆餡になったそうで)を
包んで揚げてあるんですが…。

そして一番の特色としては、
「お香が餡に練り込まれている」のです!。
(お清めの意味合いがあるとの事)

凄い良い匂いのごま油で揚げてある、
凄く固い瓦せんべい状の所を割ると…口に広がるお香…。

……エキゾチックな味わいです^^;。


あ、また話がまわっちゃいましたが、
お菓子の辿った道なども…なかなか興味深いものがあるんで、
これもまた調べてみたいと思ってるものの一つ。

と言いつつ…コーヒーで甘いチョコレート。
和みますなあ…w。


posted by 夏草 at 12:13| Comment(0) | 戦国で遊んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月26日

幸村んふんふ♪(おい…

クリスマスも終わって…とうとう本格的に年末だあっ!。
くはっっ毎年年末はやって来るのに、毎年慌ただしい。
今年はでも特に、仕事のラストスパートと共に!、
この連休に前倒しでお掃除とかやってまして。
例年以上にバタバタして…またブログもままならない…(トホホ。

そんな中!!。

いやあ…ついに「来た」らしいwww。
コレ見てやってください♪。

 yukimuranameko.jpg

なめこ好きーな友から来た「画像」ですw。
画像だけwww。
まだヤツもオイラもゲットできてない!!。
(つか…手に入れるつもりなのか!キサマwww)

信州限定の幸村なめこさんらしいです。

でもさ、
筆頭なめこさんより、御館サバなめこより、
幸村の方が…「らしい」感じがするのは!、
オイラだけでしょうかっっwww。
ラベル:なめこ
posted by 夏草 at 21:05| Comment(0) | 戦国で遊んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月17日

殿!!お待ちくださいっ! by二代目小十郎

よしながふみさんの『大奥』、
家光篇には、赤面疱瘡が蔓延して農村も大変だという事の他、
あんまり政治的な国内の様子について反映されてないですよね。
(ドラマでは多少ありましたが)。

ホントはこの時代にも…、
忘れちゃいけない人物が!居ますよね(ふふふふふふ。
居ますよね!!皆さん!!!(わはははははは。
うちのブログに来てくださる皆さんなら!お分かりですよね!!ww。

そうですよ〜〜政宗公は家光公の時代にはまだ生きてらっさる。
そんで、家光大好きだった戦国爺なんでw、
家光とよく一緒に遊んでた傾奇爺なんでw、
もし家光公(男性の方)が病気で早世したと聞いたら…、
殿様どうなのどうなのww。

もしこの物語に……伊達政宗公が出演していたら!!!。


殿様
「何!家光公が御逝去……なんと…おいたわしい…(涙。
そうじゃ!危急存亡の今、江戸の守りはどうなっておる!!。
この政宗が身を挺して…いやこの際だ、いっそ攻め落としてくれよう。」

二代目小十郎
「殿!…そのような時ではありませぬ!。
我が伊達家に於いても、政情不安は同じでございます!。
疫病で既に亡き忠宗様の跡目として、
姫様が立たれたばかりではありませぬか。
ここはまず藩の体制を引き締め…。」

殿様
「五郎八を忠宗の後に立てよと言ったのは、お前だったな、小十郎。
姫は既に腹を括り、伊達家の礎となる覚悟はできている。
だが、それに比して…徳川は今揺らいでいる!。
しかも…忘れたか小十郎、ワシはまだ隠居の身などでは無い!!。
今こそやっと千載一遇の機会ではないのか!。」

二代目小十郎
「殿!今少しお考え下さい!!!。
畏れながら、我が父先代小十郎が生きていたら、なんと…。
きっと某と同じく殿を御諌め申し上げていたハズです!!!。」

殿様
「小十郎…ワシだとて無闇に主戦論を押している訳ではないぞ。
我等が悲願、今遂げなくて何時遂げるのだ!!!。」

二代目小十郎
「と………殿っっっっ」


いやいやいやいやいや!!!wwwww。
それは無い!www。

すみません…政宗様。
「そうだったら面白い」だけで(おいおい…、
無責任な思いつきをつい書いちゃって…(てへ☆。

元々『大奥』の設定だと、
女性の家光さんが誕生するのと、史実上の政宗公が亡くなるのと、
ギリギリちょっとだけ被るか被らないか…という感じ。
だとすると…「江戸を攻めてみる」は…マジ無理だよねw。

史実的視点から言っても、
江戸城の幕閣もそう馬鹿じゃないし…伊達家の動向なんて注視してるよね。
(それは他の外様大名への警戒も同じだろうし)

それから、
伊達家でも世継ぎ達が大変な事になる…んだろうかと思い、
五郎八ちゃんが後継ぎになる展開を書いてみましたがw。
忠宗さんはもうとっくに30過ぎなんで…疫病にはかかりにくい。
だいじぶ。
でも…その次の代が心配???かもwww。


なんてえ事でwww。

この設定で…伊達家二次創作とか……いやもうちょと大変だけどw、
でも女性の「樅の木は残った」とかさ!!。
いやいやいや!!!www。
妄想だけでも大変っすwwwww。
posted by 夏草 at 19:15| Comment(2) | 戦国で遊んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする