2015年10月18日

私信:朔也さま!

朔也さま!、
さきほどメール送信しました。

以前に戴いたメアドに送ったんですが、
今でも使っていらっしゃるでしょうか?。

お使いで無かった場合、大変お手数ですが、
こちらのブログか小政の方にコメント下さるととても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します☆☆☆。
posted by 夏草 at 17:32| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月27日

T&O(訂正とお詫び)w

いや〜前の項、
「るぱん三世問題」で、何箇所か書き間違いありまして。
さっき直しました。

特に文句言ってた『峰不二子〜』のタイトル、

○『峰不二子という女』
×『峰不二子と呼ばれた女』  でした。

すません、ホントに。

(でも…やっぱりこのタイトルなら…、
もちっと峰不二子自身の事が描かれても…www)
↑性懲りもなく言ってるぜwww

だって自分は!、
峰不二子が全てのアニメ女子キャラの中で一番好きなんだもっ!!!www。
↑やっぱキサマは…オヤジだなwww
posted by 夏草 at 02:26| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月08日

政宗公とうつくしまふくしま

このブログの、
一昨日と今日の「政宗公をめぐる女系家族」シリーズって、
今の所、政宗公のお祖母さん:久保姫と、
政宗公の伯母&叔母さまたち(久保姫の娘たち)という感じですが、
別に書いてたものには、
政宗公の伯父&叔父さまたちのシリーズもあって。

岩城親隆(伯父さま)&常隆(これは従兄弟)、
そして留守政景(叔父さま)の回です。

こっちのタイトルも…そんな訳で変えてみました。

「政宗公、伯父・叔父たちの系譜」

これで伯父・叔父&伯母・叔母の話だという事が明確になるな〜と。
そうなんです、これでいいんです。
元々ここは、
「政宗公の親戚がどんなにこんがらがっているか」を見てみたいシリーズなのでw。

で、カテゴリーは「南奥州戦記」です。

これは他に、佐竹義重の回が終わってますけど、
今後相馬家とか白河結城家とかも出て来る予定なので、
政宗公も活躍した福島県の戦国話として、
一緒のカテにしました。

そうなんです。
福島県は本当に伊達家を語る時に重要な地域なんですよね、
だってそもそも伊達氏発祥の地だし。
いやそれ以外でも、東北の歴史の大きな拠点である事は間違い無い。
非常に大切な所です。

それなのに…震災の被害に加え、原発事故でも苦しめられている福島県。
オイラ今はもう、
<震災復興応援のシリーズ>という冠はつけて書いてないですけど、
福島県を敬愛する気持ちと及ばずながら応援する気持ちも込めて、
この『南奥州戦記』を捧げ、今後もヨロヨロながら続けたいと思います。

それと、これには大きなソースがありまして。
以前にも書きましたが、これ↓です。

「武者たちの舞台 ふくしま紀行 城と館(上下巻)/福島民報社」

これは福島県の新聞社:福島民報社が、
福島県内に残る城館跡124カ所(戦国期以外のものも)を取材して、
四年間の連載で紹介したのをまとめた本。
…大変な労作です。
ホント素晴らしいです。
この本に感動した事も「南奥州戦記」カテをまとめてみようと思うきっかけになって。

あとは…例によって、今迄いろんな本で見た逸話だとかなんだとか、
今自分的に知ってる事で面白いと思う事や、
つながってる事を挟んでみております。

歴史は点じゃなくて線だ…というような所、
自分なりに少しでもまとめられたらなあ…と思いつつv。

みんな、
どんな思いで、
どんな局面をどう生きたのか、
どう死んだのか。

大変な戦乱の世の中には…それでも文化が花開いたり、
栄達と転落が一瞬で交錯したり。
そういう中、みんな…どんな人だったんでしょうね。
「彼、彼女は、どんな事を考えたり思ったりして生きた死んだ人だったのか」。
それが個人的に一番知りたくて…妄想日々炸裂でございますwww。
posted by 夏草 at 11:45| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする