2016年02月22日

難攻不落はウソではないのじゃ!

おおーーーーーー♪。

明日(2/23)の午前11時30分から!Eテレで!、
小田原城と山中城の番組が!!!。
そして同じ日の夜、午後9時30分から、同じくEテレで、
安土城が!!!。

うわ〜〜〜♪

というか…コレ、千田嘉博さんのNHK番組なんですね!。
この前発見したんだけど、その時には既に初回から三回目まで、
放送(再放送も)終了してて…トホホ。

千田先生と行くお城シリーズ、以前にも番組やってたけど、
今回もまた…色々有名どころを行くみたい♪。

今後のスケジュールは…、

「小田原城&山中城」
2月23日(火)Eテレ 午前11時30分〜55分 

「安土城」
2月23日(火)Eテレ 午後9時30分〜55分
3月1日(火)Eテレ<再放送> 午前11時30分〜55分

「彦根城」
3月1日(火)Eテレ 午後9時30分〜55分
3月8日(火)Eテレ<再放送> 午前11時30分〜55分

「姫路城」
3月8日(火)Eテレ 午後9時30分〜55分
3月15日(火)Eテレ<再放送> 午前11時30分〜55分

「名古屋城」
3月15日(火)Eテレ 午後9時30分〜55分
3月22日(火)Eテレ<再放送> 午前11時30分〜55分

「大阪城&真田丸」
3月22日(火)Eテレ 午後9時30分〜55分
3月29日(火)Eテレ<再放送> 午前11時30分〜55分


しかしね、この前も「ブラタモリ」で「小田原城」やってたけど、
小田原城って本当に凄いですよね。
本当に大きな総構えの城郭で、大阪城もこのお城をモデルの一つにしたらしい。

北条氏が最後まで秀吉と戦おうとしたというのも、
実際このお城が上杉謙信に攻められても、
武田信玄に攻められても落ちなかった!…という所が大きいですよね。

非常に考えられた堅牢な作りでもあり、
大きな構想で造営されているので、ちょっとやそっとじゃビクともしない。
これがあったればこそ、そして北条氏は五代百年の栄華があったればこそ、
「豊臣何する者ぞ!」となったわけですよね…。

そうそう、
この番組にはテキストもありまして、
小田原城の回に「北条氏と結んでいた伊達政宗」という一文が。
そうなんですよね、
例の「伊達家小田原参陣」が遅れに遅れた訳は、
実は、政宗公が従来の北条氏との繋がりと、
豊臣の実力を天秤にかけていたから。

今のドラマとかではね、なんかもう戦国期の北条っていうと、
(『真田丸』も今の所そうだけど)
北条は「豊臣に歯向かったアホな武家」みたいな、
そういう感じさえ出してるものもあるんですけども、
(全く重きを置かれてません…)
でもでも!、
秀吉に負けたからちょっとそういう現代の風評?があるだけで、
本当の北条氏は凄い家なんですよね。

それはもう小田原城を体感しただけでも分かる。

という事で!!この番組は千田先生が実地に解説してくれるという、
素晴らしい内容なので…その「小田原城の凄さ」なんかも、
ハッキリ理解されると思います。

それとさ。
何よりも…「山中城」見てください!!。

自分も以前行った事あるけど…凄いよ。
それはこういう番組で、
絵とか本とかじゃなく動画として見られると、本当に凄く実感湧くと思います。
北条流の「障子掘り」の面白さがホントに良いです♪。
そしてこの山中城の山城の機能と意義。
興味深いです☆。

今後も、
安土城とか彦根城、そして最後は大阪城と真田丸。
今年は『真田丸」やってくれてるおかげで、
こんなに色々と恩恵があるなんて…あり難い事だ!!!。

という事で…とりあえず、明日の番組は録画して楽しみたいです♪。

あとね、最初にもちょっと書いたんですけど、
「ブラタモリ」もすご〜く面白いですね☆。
色々な地形を辿ってみる番組で、その事自体も楽しいんですが、
この所「仙台(去年)」「上田」「小田原」「沼田」と…お城とその関係箇所で、
タモさんと一緒にのんびり町を歩いて、
あ〜でもないこ〜でもないと「実際の感じを味わう」のがとても興味深い。

お城歩きってこの「体感」が凄い大事と思う。
このような山が、谷が、川が台地が…どのようにお城造りに活かされているのか、
町割りはどのような特徴があるのか、城主は何を考えていたのか…、
様々に「体感する」のが凄い楽しいし、
そしてこんな感覚が…当時を妄想する事に拍車をかけるのでござる!。
(わはははははは。

ああ〜考えるだけでも楽しい♪。
また城趾へ行きたくなっちゃったな…☆☆☆。
ラベル:小田原城 山中城
posted by 夏草 at 17:11| Comment(0) | お城 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月08日

来年の戦の準備で忙しいのじゃ! 〜上田城近況〜

って事で…また上田城へ行って来ました。

(ホントは金森長近篇を再開すべき所なんですが、
ただ今それもまだ推敲中なんで…先にこちらを書くことに♪)

今年は猛暑がパッと終わってすぐに秋になったためか、
日本中で美しい秋を迎えているようですが、
錦秋の信州は上田…こちらも紅葉が素敵だったです。

そして。

そうなんですよ…とうとう来年ですよね、
『大河ドラマ 真田丸』。

くはっっっっっ。
堺雅人さんの多弁な真田信繁だったりしたらどうしよう。

「(徳川へ)倍返しだ!!」……とかさwww。

(いやいや脚本は三谷幸喜さんだから、半沢の人じゃないし…、
とか言っても三谷さんも…台詞が……多い……わはははははh^^;)

それから…私は大泉洋君は大好きですけども!けども!、
……信之にいちゃんじゃ…ないんだよなあ…(トホホ。
この前も歴史好きの知人と、
「真田信之は大泉洋じゃない」的な話題で盛り上がってしまい…、
彼が悪い訳じゃないんだけど…大泉君ごめんねごめんね。


そうだ!上田を訪問した当日、
長野ケーブルTVでは昔のNHKドラマ『真田太平記』やっててね、
たまたま『上田城で徳川秀忠を迎え撃つ』回だったんですよ!。

いやもう…偶然とはいえ…自分の強運???に唖然としました(わははは。

若き草刈正雄さんの信繁、
そして老獪な丹波哲郎さんの昌幸、
そしてそして…信之にいちゃんは渡瀬恒彦さんなんだよ…。

ホンっとに個人的好みで申し訳無いのですが、
草刈正雄さんはホントにホントにイケメンだけど…自分的には信繁じゃないんだよね。
信繁にはもっと土臭い人を希望なんです、ええ。
(だからホント言うと…堺雅人さんもシティ派すぎる信繁)
でも信之の渡瀬さんは…落ち着くんだよ…この兄様は。
若き渡瀬さんがホントに穏やかで忍耐強い兄貴イメージなんだよ…。

そうなんですよ…個人的には信之兄貴は「忍が似合う人」希望なもんで。

忍が似合う男前。
それも土臭い若武者信繁の兄貴っぽい感じの人。
でも現代では若い俳優さんは皆垢抜けてるから、
そういう人は逆になかなか居ないよね。

また話がまわっちゃいましたが、
久しぶりに行った上田城は!なんかやる気がみなぎってた!!↓。

uedajyouseki02.jpg


uedajyouseki09.jpg

こちらのもてなし武将隊は真田十勇士も入ってるんだね!。
どうも女性もいるらしいんだけど…遭遇できずに残念!。


あとねあとね、
城址内にある真田神社が!以前に訪ずれた時より綺麗になってて、
お守りがすごい種類沢山になってた!。
特に「勝つ」お守りが多様にあって、「部活必勝」とか、
ターゲットを絞り込んでた所にやる気を感じましたwww。

そんなアテクシも…可愛いおみくじひいてしまいましたさ!。
ちょとピント外れててすんませんが…↓。

uedajyouseki06.jpg


手がこんでまして…中には鈴が!。

uedajyouseki 03.jpg


そしてこの綺麗な千代紙の包みがおみくじなんですね。

uedajyouseki04.jpg


因に…「吉」でしたよ♪。
(もうね、毎年初詣に行く鶴岡八幡宮ではね…「凶」が良く出ます(トホホ)


という事で。

お城の内側からの美しい紅葉を最後に…。

uedajyouseki07.jpg

posted by 夏草 at 02:54| Comment(0) | お城 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月19日

仙台城下、いまむかし2

くはっっっ。

皆さん!見た?『ブラタモリ』!!。
先週の「伊達政宗は地形マニア」の続き、
「”杜の都”の秘密」でしたね!!。

いやあ…ついについに…カメラが入ってた!!!。
どこにって…宮城刑務所に!!!。

私も中見てみたいと思ってたんだよ…でも無理だからね、
もうずっと見てみたいと思ってたんだけど、
でも無理だったからね…。

そうなんですよ!!。

御存知、あそこは政宗公晩年の住処、
若林城の跡地に建てられてるんですよね。
敷地内に、
「政宗公お手植えの臥竜梅」があるって事は有名なんだけど、
でもなにしろ刑務所だからさ…なかなか見られないんですよね。
(写真は見た事ある気がするけど、今回は映像。
これなかなかに貴重です)

しかもさ!、
今回若林城の土塁やら堀やら…、
出丸(というか横矢枡形?)まで見られて!!、
いやあ〜〜〜感激!!だったですよ!!。
入り口なんて虎口だし、
大手門までは外からまっすぐ道が続いてて…、
まさに近世のお城って感じだったし。

とにかく若林城はあのような状態なので、
発掘とかもままならず…余り調査が進んでいないらしいんです。
だからもう、映像で見られるだけでも勉強になりました。

それにしても。

「杜の都」の「杜」がそもそもは、
「果実のなる樹木を武家屋敷に沢山植えよう」だったなんて。

あ、でも番組内での説明だと、
「元々120万石くらいの領地を62万石に減らされて、
それで政宗公が家臣達に果実のなる樹を植える事を奨励した」と取れますが、
そもそも減封されたのって秀吉の時代だったわけで、
その時はまだ首都は仙台じゃないでしょ…、
政宗公が仙台に都を置いたのは、徳川期だよね。

だから120万石から62万石に減らされたのは、
仙台遷都より前の話なので、
とすると…この「果実の木を植えよう作戦」は、
岩出山時代にも推進されてたのかな。


しかしながら…、
定禅寺通が空襲で丸裸になってた写真は衝撃的だった。
(空襲の話は知ってはいたけど)
私が物心ついた頃にはもう、あそこは「杜の都」でしたよ。
でもそこに至るまでには色々、
仙台の人たちは復興に力を尽くしたんだって分かった。

今も昔も…大変な災難は容赦なくやって来る訳で、
そこをまた少しづつ少しづつ手入れして復興していけば、
緑の街にいつかは戻るんだなって…じんとしました。

話を戻すと…、
若林城の付近、地名には「古城(ふるじろ)」という所も、
そして「保春院」というお寺も地名もあります!!。
勿論、義姫の菩提寺です。
政宗公は自分の最後のお城の近所に建てたんですね…。
ああ〜〜ほんとに仙台らしいですね。

因に、
仙台の保春院が完成して参詣した後、夏に政宗公は亡くなります。
昔日の激しい気持ちも落ち着いて、
しみじみと母君の事を思ったんでしょうか。
感慨深いものがありますね…。


「ブラタモリ」の仙台篇二回はとても面白かった!!!。
政宗公の知られざる一面も知る事ができて興味は尽きないっす。

「ブラタモリ」のHPに散策MAPが出てますね。
http://www.nhk.or.jp/buratamori/map/list13/index.html

興味のある方は、それこそ、
仙台訪問の際ぶらぶらと辿ってみては如何でしょう。
「杜の都」を体感する楽しい散歩になると思います。
私も次回の帰郷では是非やってみたいと思います♪。
posted by 夏草 at 21:26| Comment(0) | お城 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする