2017年12月15日

弓神、派出所へ行ったってよ

『刑事ゆがみ』

はあ〜〜
2時間ほど前に終わりました…。

ハラハラドキドキの怒濤展開で…食い入るように見ちゃったよ。

まさかバディ二人とも捕まっちゃうなんて!。
もうこりゃホントに皆でこの寒空の下、東京湾の底か!!!などと…、
途中、半笑いで目が据わっていたと思います、アテクシ…(ははははははは。


ロイコ事件がクローズアップされた時から、
横島不二実(←いつもながら名前凄いなwww)が弓神を追いつめ、
復讐しようとする話を最後にもって来るんだろうなって思ってはいたけど、
こういう展開とは考えていなかった。

このドラマの凄い所は、
刑事ドラマにありがちな紋切り型のオチを避けていて、
でもトリックとか奇をてらってるわけでは無い所。
それは…様々な人の心理を中心に描こうとしているからですね…。
(最終回も、弓神さんが闇堕ちしてしまうとか、
警察を辞職しなくてはならなくなるとか、
死んでしまうとか無くて良かったよ…^^;)
しかも…シリーズの最中に様々なキーワードが鏤められていて、
最終回にそれがいろいろと収束して行く感じで…感慨深かった。

しかし、
何と言ってもまずは、
俳優さん達の存在感がとても魅力的でしたね。

もうね、何回も賛辞を贈りますけど…、
浅野忠信さんのあの懐深い、大人な洒脱さって凄い魅力的で。
そしてどんなにちゃらんぽらんに見えても、
彼はヒズミちゃんを全身全霊で守ろうとしている。
あれが本当にかっこ良いしキュンキュンします(映画『レオン』みたいな感じ…)。

で、神木隆之介クンがまたいい感じに正反対な色を出してて。
ああいう役所って下手するとホントにダメダメな感じになる所を、
神木クンはホントにカッコ可愛く演じていて…脱帽しました。

稲森いずみさんの大人なセクシーさのある菅能係長も、
女を捨ててる訳では全然無くて案外と正直に独身を悩んでて、
でも結構べらんめえで頼り甲斐はあって、
でも結局やっぱり部下を信じてる所が好き。

山本美月さんのボーイッシュでちょっと幼さの残るヒズミも、
大きな表情が印象的で、それは最終回の迫真の演技に繋がってて。
とても心に残る造形でした。

あと…やっぱりオダジョーは悪役似合うねwww。
ああいうの得意だよね?(言われてもww。
浅野忠信vs.オダギリジョーは過去に何本か映画あったけど、
絵的にもホントにすごく良いよね、あの二人って。

そしてそして。
物語の方は…横島不二実も杳として行方知れず、
弓神さんは降格処分ではあるけど、警察に残れたし。
今や弓神さんより上の立場となった羽生クンは、
弓神巡査を使える立場でもって、現場で出くわしちゃってるし。
(バディ復活…したいよね!!羽生クンwwww)

うーーーーーーーん、
これはもう…映画か二期!ありますよね!!!。
いや断言しよう!!絶対にある!!!(キサマ何言ってるwww)

ていうか、
おおおーーーーーーBlu-rayBOX発売決定ですと!!。
はあああああ今回はホントに嬉しい!!!。
何故ならば!、
ホントに今朝、うちのビデオが突発的に壊れてしまい、
これでは「刑事ゆがみ」の最終回が録れない!!
(=パニック)となったので…^^;。

ホントに楽しく切ない『刑事ゆがみ』。
こんな素敵なドラマを見られて良かった。
キャスト&スタッフの皆さん、本当にどうもありがとう。
本当に大好きですv。
posted by 夏草 at 00:57| Comment(0) | ドラマとか舞台とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月11日

ロス×ロス

うーーーんんん。

終わってしまいますのお…。
大好きなのに…終わってしまう…。
今からもう喪失感が半端ないです…。


何がって言うと…『直虎』と『ゆがみ』です。
いやあ…こんなにドラマを真剣に入れ込んで見たのって、
ホントーーーに久しぶりでした。

『直虎』は、
大家の間で揺れるか細い葦のような井伊家が逆襲に転じてからは、
イケイケになってワクワクするんだろうな!!…と想像していましたが、
いやいやとんでも無い!。
森下脚本の容赦無いシビアな展開で、
とても切なく胸熱く……涙が毎回溢れましたさ!。
ずっと見て来ているからこそ、なんだか毎回泣いてしまって。

でも…もの凄く充実感があって、
本当に楽しかった。

少ない史実を元にしながらも歴史的ビッグネームに頼らず、
森下脚本は自由闊達で、人間描写も味わいがあり
人間関係の綾がものすごく表現されていて、
それ故に哀しい事理不尽な事も沢山起こり、
その中から皆で未来を掴んで行くという…
歴史とは人が紡ぐもの、という感じがとても良かった。

内容の濃い見応えのある大河ドラマでしたね。
『独眼竜政宗』とか『黄金の日々』とか、
『獅子の時代』とか並と言っても良い程自分的には好きでした。

思えば、
小さな井伊谷をおとわと鶴と亀と龍雲丸、そして沢山の、
「一人では小さな力」を皆集めて…守りきったというお話だったかと。
そしてそこから傑物の井伊直政が生まれ出た…と。
こうして考えてみると…なにかファンタジーものの王道のような感じさえしますね。

柴咲コウさんを初めとして、
俳優の皆さんもそれぞれとてもハマっていて好もしく、
(光石研さんの明智光秀もとっても良かった)
どの人を見るのも楽しかった。

なので…次回で最終回なのかと思うととっても寂しいですが、
でもしばらくは思い出してじんわりして、
…やがてにっこりできそうです。

ていうか、
私も思うんだけど…数年後に再び、
「井伊直政」やりませんか!大河で!!!
(わははははははははは。

あの家康がどうやって天下人になって行くのか!、
行けるのか!、
そこに関わって来る「井伊の人々」。
あ、そうだ!!、直政さん早死だから、
直政さんだけでなくて直孝さんまで行けばいいんじゃね?。
(↑言われてもwww)

などと…妄想は果てしなく続くのでありますwww。



そして『刑事ゆがみ』。

これも…本当に久しぶりに手放しで好きだな〜と思える刑事ものでした。

人物描写の洒脱さと内容の繊細さ、
そして特筆すべきは早い展開と見せ方の上手さも、
(最初に毎回のテーマみたいなものを、
弓神と羽生で見せる所、あれが面白くて秀逸でしたね)
画面に釘付けにさせられる要素で、
『直虎』と『ゆがみ』は自分的にホントに珍しく、
一度リアタイで見てから録画を2回くらい見る…
というくらいの中毒症状が…。

俳優さんも好きな人ばかりで…、
特に浅野忠信さんは昔から大好きだったのだけど、
彼は映画にしか出ないと思っていたので、
NHKドラマに主演した時も驚いたけど、
(その後のキムタクとのドラマは見なかったんですよね…。
なんかその…ねwww)
今回は神木隆之介クンとの共演という事もかなり大きなポイントで、
だから始まる前からとても楽しみだった。

想像通りというか想像以上に素敵なバディになっていて、
毎回毎回本当に良かったですね。
稲森いずみさんと山本美月さんは意外な一面が見られ、
それもとても良くて好きでした。
ゲスト陣も豪華だったしねwww。

こちらはパート2とか映画とか…ならないのかな。
是非作って欲しいな。
お願いします!!!。
たった10回のバディじゃもったいないよ!!!。
(…と言いながら、
もう6年も『タイバニ』二期、待ってるんですけどね、自分はwww。
でも『タイバニ』はその間に二本映画ありましたからね…。
『ゆがみ』も映画なら!どうでしょう!!。
是非是非お願いします!!!)


計らずも夢中になって見ていたドラマが、
いっぺんに終わってしまう年末。
寂しいけれど…また次なる展開を是非ともお待ちしてます♪。
posted by 夏草 at 01:25| Comment(0) | ドラマとか舞台とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月17日

うきよ署は神奈川県にあるらしい

いや〜久しぶりに楽しい刑事ものを見た。

『刑事ゆがみ』です。

前々から色々言ってきましたけど、
自分は刑事ものが好きです。

…というかね、結局「バディもの」が好きみたい。

因に一番最初に好きになったバディものは、映画『48時間』。
ニック・ノルティとエディー・マーフィー
(これがデビューだったらしい)の有名なヤツ。
まあこの凸凹コンビの酷いこと、オカシイこと、ダメなこと、素敵なこと…。
ストーリー的にはアホですが(ミモフタも無いwww)、
TVで見て子供心に「なんじゃこの人達!」って思って…なんかハマりましたw。

あとは『リーサル・ウェポン』も好きだったなあ。
特にシリアスで怖い第一作と楽しくなる第二作が対照的で。
こちらもストーリーはアホですが(ミモフタも無いwww)
過激なリッグス刑事(メル・ギブソン)と、
振り回されるマータフ刑事(ダニー・グローヴァー)の凸凹感に味があって。


こんな感じで育って来たので・バディものの醍醐味はだから、自分にとっては、
・すんごく2人の個性が違う
・台詞のやりとりが生き生きしてる
・色々と不協和音があって、それでもウマが合う間柄
・いざとなるとガッチリタッグ

わははははははははは。
↑これってでも私に限らず…鉄板ですなwww。


で、今回の『刑事ゆがみ』なんですけど。

ああ〜浅野忠信さんがホントに得意な役所だなっww。
適当というか傍若無人で行動力が凄くて。
人生経験が豊富な分余裕があると言うのか世間をナメてると言うのかw
で、実は頭脳明晰、という…。
浅野さんの心身ともに大きく懐深い感じが生きてて、
無頼っぽいイメージもそのまんまだし。
(でも浅野さん本人はかなり神経が細やかだと思いますけどね。
そういう所も実は弓神刑事的かもwww)

そして。

神木隆之介君とのバディなんですけども…。
神木君が…可愛い!!!(わははははははははははは。

イケメンで正統派の刑事なんだけど…実はなかなかに喰えない。
この「爽やかに腹黒い」って…『直虎』の亀ちゃんがそうだったよねwww。
友人と話したんだけど…実は「爽やか腹黒イケメン」って…リアルですよね、
こういう人居るもんね(わはははははははは。
見てる分には楽しい。
身近で関わりたくは無いがwww。

そして彼のきっと唯一の?泣き所?が…「童貞」だという事www。
弓神さんにバンバン突っ込まれてたけど、どうか毎回お願いします(ぇwww。


もうホントに対照的なビジュアル&役柄でいいですv。
いやあ…眼福でしたホントに。

今回は杉崎花ちゃんが切なく可憐だったのと、
稲森いずみさんがセクシーだったのも良かったwww。

花ちゃんもこれからどんどん大きな女優さんになって行くんだろうなあ。
ホント将来が楽しみです。

とゆ事で。
『刑事ゆがみ』楽しみです♪。
バディものの楽しさいっぱい味合わせて欲しいっす☆。
posted by 夏草 at 14:54| Comment(0) | ドラマとか舞台とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする