2016年12月12日

目指すは…彼奴の首、ただそれのみ! by幸村こと信繁

来週とうとう最終回ですね…『真田丸』。
はあ〜 一年は早いのお…。

そんで今日は…ざっくり感想なんぞを。
(本格的な感想なんかは(きっと長くなるのでw)後日まとめてみたいと)


まず。
アレです…きりちゃんの事。

最初の頃に自分的に思っていたのは、
きりちゃんがしょっぱなから一人暴走してた理由は(暴走ってw)、
きりちゃんと信繁が早くから心通じ合ったりすると…、
実は物語上マズいからでは?と。

というのも『真田丸』はドラマですけれども、
一応史実にも則る前提なので(NHK大河だから)、
きりちゃんとの出会いの後から正室が来るわけで、
そうなると…信繁の妻的女性は(梅ちゃんも入れると)複数となり、
現代の若い人達、歴史的知識があんまり無い人達はドン引きになっちゃうかも…。
(事実、親しい若い衆wに「この状態」を話したらドン引きだったw)

で、
それを回避するために「最初きりは一人カラ周りの元気っ娘」って、
信繁的に(視聴者的にもw)ウザいって設定なのかな…と。
(だからまずは、途中退場してしまう梅ちゃんを持ってきて、
きりの気持ちは成就しない事に展開させたのでは…と)

でもやっぱり「真田信繁」は悲劇なんですよね。

彼を主人公に一年間…そして最期は滅びるわけで…。
これをシリアス全面でやってたら…今時視聴者の方が疲弊してしまいますよね。
(昔は一年で『忠臣蔵』とかそういう時代劇は結構あったんですけど、
辛く悲しく…自分も苦手でしたw)

で、
一昔前は、大坂の陣の豊臣方の敗北について、
「圧倒的に徳川に力があった 或は 上手かった」というイメージが、
歴史好きの間にもあったんですが、
現在はいろいろ史料の検証なども進み、
大坂城内部の混沌がかなり分かって来た事もあって、
「豊臣方の内紛というかゴタゴタでの内部崩壊」という感じになってます。

実際、
信繁も義兄(ドラマではまつの夫)宛の書状で、
「大坂城内ではなにかと気を使って大変です」的なものが残ってまして、
武人としての彼が戦略にだけ没頭できない、
政治的な人間関係を処していかないと作戦を立てる事さえ難儀な、
そういう雰囲気が感じられます。

更に、
当時の大坂城にはもの凄い数の牢人がわんわん集っていたわけだし、
戦の騒然とした雰囲気と城内のもの凄いカオスな空気で、
信繁は本当に大変だったのでは…と自分も想像しています。


なので。

このドラマでは、
きりちゃんは殊更最初から、周囲関係無く、
元気っ娘でなくてはならなかったのか〜と今もっと思うし、
最終的に「だからこそ、報われた感も高い」わけだし、
ドラマの信繁の誠実さも(現代的な意味で)ある程度守られる事になる。

なんとなくここに来て、
尺が足りなくなった感がちょっと残念でしたが、
(きりと信繁のシーンはもうちょっと長くても良かったなv)
それでも…「このドラマのヒロインはきり」だって、
こういう事だったんだな…と自分もしみじみしました☆。

(余談ですけれども、
「側室を持つ」って事はなにも色恋とか多情とかでは無い局面も
非常に大きいんですよね。
もともと当時は…恋愛結婚じゃないし(政略結婚だし)、
もう家と家との同盟の道具です、結婚は。
だから…お殿様だの家長だのに何人か側室いても無問題。
現代の倫理観では計れない所だと思います。

しかし、
それも含めて…人間ってホントに興味深いものだなと思うのは、
政略結婚でも仲睦まじい夫婦もいたので、
『真田丸』でいうと…信之兄ちゃんとことか、
宇喜田さん家とか、毛利元就さん家とか)
結果的にせよ、
全てが権謀術数の非情な婚姻では無かった…という点ですね。
そこは人間の世界 という事で)


あとね。

政宗様と小十郎の出番!…良かったスルーされなかったよ(わはははは。
この辺は史実だけど、ドラマだから端折られちゃうかな…とドキドキw。
(でもホントは小十郎は父では無く息子(二代目小十郎)の方なんだけどねw)

で、
最期までネタ武将だったな、政宗様(わははははははは。
(他所様でちらほら「チャラ宗」って書かれてるのを見て…吹いちゃったよw)
歴史的な事を言うと…ずんだ餅はちなみに、当時あったかどうかwww。


でもま、
政宗公はもういいんですよ(ナニがw。
もうね、レッツパ〜リ〜でもへうげ大名でもずんだ餅でも。
もうね、御本人の史実上の正真正銘の壮大無敵なフリーダム加減を考えると…、
「どんないじりも無問題」的な人だと思います、ええwww。


しかし、
今回のドラマを見てても…つらつら考えた事が。

それはね、
伊達政宗が真田信繁の子女をどういう経緯で匿ったか?という点です。

これね、
「真田信繁からの申し出があって片倉家(伊達家)が受けた」という説と、
「戦場でお梅らを乱取りした後、真田の子女だと分かって保護」
という説がありまして。

戦場での乱取り。

十分あり得る話だと思いますが、
(事実、長宗我部家の子女も大坂の陣で伊達家が乱取りらしい)
でも…そうだとすると、
真田大八を一度は「片倉守信」として(片倉姓として)おいて、
後で「真田に復姓」させたりするかな?。
(この時は幕府の詰問があり、
伊達家側は「この子は真田信尹(信繁叔父)の息子である。
いかにも京都で養育していたが…印字打ち(石を投げ合う危険な遊び)の最中、
石に当って死亡した」と嘘の報告を上げて幕府の追求を払いのけています。

そしてこの時守信は、時期尚早として片倉姓に戻り、
後々子孫が「真田」に完全に復姓していますね)

つまり、伊達家では当時の価値観である
「武士の家名、武将の家を守る」という事を重視しているからこそ、
「真田への復姓」に拘ったという事ですよね。
という事は…正にちゃんと「真田信繁からの依頼があった」のでは…と、
自分は思います。

何故なら、子供達の生命を助けるだけなら「片倉姓」でいいわけです。
それで生命は安泰です、寧ろ。
しかし危険を犯しても「真田に復姓」という事、
これは「そういう願い(或は前もっての密約)があったから」では…と思うんですよね。
だって「真田」ですよ…伊達家には力があったとはいえ、
幕府相手に非常に危ない橋を渡る事になるわけです。

で、
「ほとぼりが冷めるまで待つ」=「そこまで粘ってまでの復姓」って、
どれほど家名に拘ったか…という事を思うのですよね。
昌幸お父や信之兄じゃ、そして信繁。
真田的生き方としてそうだったんじゃないかな…。
で…やはりそこは伊達家もちゃんと真田家に応えたと…。


そしてドラマ『真田丸』は、
伊達政宗の胸中、真田信繁の胸中を具体的に描く事はしなかった。
でもそれだからこそ…色々みんなで想像できる余地があり、
なかなか興味深かったです。


最後に来て『真田丸」で個人的に嬉しかったのは、
大坂城五人衆を三谷さんが描いた事。

信繁(幸村)はそれはもう大有名ですよね。
後藤又兵衛は比較的知られている武将ですが、
長宗我部盛親、明石全登、毛利勝永とか…、
歴史好き以外にあんまり知られていない武将達ですから。
(明石全登さんなんて、(一般的にはてるずみだけど)
実は「ホントーは名前をどう読むのが正しいのか」さえ、
諸説ある人ですからねw)

いやホントに…この武将達が全国区になって良かったよ。

(くはっ、
うちのブログでも毛利勝永さんのシリーズやってるけど…、
多忙過ぎて書けなくてトホホです。
でも!最終回の前には終わらせますぜい!)

それから。

上でも少し言及しましたが…伊達政宗公は長宗我部盛親さんとも、
大坂の陣の時に実は縁がありますね。
そして!!なんと…子供が…真田さんとも!!!。

その辺、昔うちのブログでも書いてみたんですが、
一応その関係図を貼ってみます。

sibatageki.jpg


因に、
この図では「長宗我部家の女性が政宗公の側室になった」事を示しているのですが、
この「長宗我部家の女性」が、
a)「長宗我部元親(=盛親の父)の娘で、佐竹蔵人義直と結婚していた阿古姫」説
b)「長宗我部盛親と結婚していた、信親(=盛親の兄)の娘」説

と両方あるんで併記しています。

b)だと「叔父と姪の立場で結婚していた」という事ですね。
しかも…盛親さんの正室です!。
年代的にこちらの説の方が有力かも…。

政宗公がこの女性を「側室にした」理由ですが、
彼女がある程度身分のある女性だという事が分かり、
従ってそれなりの待遇をするためには「側室にする」事が、
女性の地位を守る事になる…という事だと思われます。
(そしてこの女性は後々、能筆で有名だった政宗公に、
「書を書いて下さいと頼んで」いるので(書状が残っている)、
二人の関係は良かったと見受けられます)

(いやいや単純に…美しい女性だったから側室にした!説もありえるけどねw)

更に。

御存知の方も多いと思いますが、
長宗我部信親は元親の嫡男で(盛親は四男)秀吉の九州遠征の時、
戸次川の戦いで戦死したんですよね…。
(しかし…あれも心痛む話なのだ…;;)

でもって、
後に、「(「伊達騒動」で有名な)柴田外記朝意になる男子」は、
この長宗我部の女性の連れ子です。

でもってでもって、
「長宗我部家の女性は政宗公の側室になり」、「娘が生まれ」、
(この娘は柴田外記と異父兄弟ですね)
この娘と「真田大八」が結婚!!!するんですよ……。

という事は…「片倉長七」は長宗我部家と真田家と伊達家の血が!!!
流れている!!!という事に!!!。

いやあ…小説より凄いです、この辺の話は……。

(☆内容はこちら…☆
「竜の兄さん、俺の孫を頼むぜ! byアニキ 〜1〜」
http://ikiikien.seesaa.net/article/142157563.html

「竜の兄さん、俺の孫を頼むぜ! byアニキ 〜2〜」
http://ikiikien.seesaa.net/article/203667713.html


こうして戦国時代は終焉を告げ…時代は泰平の世へと移ろい行くのでございます…。
posted by 夏草 at 17:57| Comment(0) | 大河ドラマ☆真田丸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月06日

この先は山あり山あり

『真田丸』犬伏の別れ、見ました。

アレを昌幸お父が言い出すのか、
信幸兄ちゃんが言い出すのか…と
そこに興味があって見たかったんですけども…兄者でしたね。

その昔、
『真田太平記』で若き草刈正雄さんの幸村、
丹波哲郎さんの昌幸、
そして…渡瀬恒彦さんの信之で見た事があるせいか…、
平成の犬伏の別れは思ったより暗くなかったなw。

しかし深刻じゃない分(いや、あの場の三人は十分深刻なんだろうけど)、
これから三人にのしかかって来る(はずの)
もうハンパ無い重圧を思うと…またまた心配です(トホホ。

特に信之は本当に大変だったと思う(また書いちゃってるけどww)。
ホントに全力で父弟を守ろうとしたんだよね…。


そして。

大谷刑部の愛之助さん、
やっぱり情緒感があると言えばいいのか、
勿体があると言えばいいのか…、
流石に時代劇での梨園の人って水を得た魚。

あ、情緒感と言えば…、
『真田丸』の女子部はあんまり情緒感無いよね、相変わらずwww。
一連のあれは…、
三谷さんから見た女性像(=女ってよく分からない)なのかなぁ。
正室:春ちゃんときりちゃんの鞘当てなんかも…女子中学生みたいだwww。
それでなくても長丁場の政治劇の最中だから、
女子部まで重いのもナンだな〜って事なのかもしれないけど…、
直裁的なキャラが多すぎて…自分的にはまだ完全には馴染めません(トホホ。

そうなんですよね。

この辺の政治劇は人は多いわ、
物事は表も裏もあるわ、
色々な事が沢山起るわ…もうそれを追うだけでも大変。
そしてここの所は盛り上がりますよね!。

それもあって!、
ここの所はどうしてもそうなっちゃうんだろうと思うんだけど、
信繁は身分的に、
政治の中枢には決定的には口出しできないスタンスだし、
綺羅星の如きビッグネーム目白押しの中だし、
どうしてもその淵で、
なんだかまだじたばたせざるを得ない印象が…。
(信繁自体の歴史的な資料もこのあたりはそう多くないハズだし)

こういう時ってだから、政争の合間に、
彼個人の人生や考え方が独自に反映されるエピソードとか見たいんだけども、
信繁ほど現代では有名で、且つ多くのファンがついてる武将だと、
三谷さんも奔放に好き勝手は書けないんだろうなあ…。
ホントは彼の私生活(精神的なものも含め)とかも見てみたいんだけどw。

主人公としての圧倒的存在感を見せるようになるのは、
やっぱり大坂の役の頃になるんだろうか…。
(あ、でも九度山時代もきっとそうだよね!)


あとね。

政宗様出て来てますね〜(わははははは。
長谷川朝春さんて元々は舞台俳優さんですよね。
今回の政宗様は、
色々なシーンにちょこちょこ出てて…そして何かしら威勢がいいw。
(というかアレはアピールか…伊達政宗的な?www)

で、この先というか大ラス(大坂夏の陣)に、
信繁と道明寺口の戦いで干戈交える事になる訳ですが…、
(そして二代目片倉小十郎との間に例の話が!)、
NHKの『真田丸』HP人物相関図でね、
「ライバル?」って書かれてるんですけども、信繁と政宗公。
いやあ…そうじゃないよね、BSRじゃあるまいし(わははははは。

なんでかなあ〜この立ち位置でライバルにはならんでしょ、
敵味方ではあるけれども。
伊達政宗をそんなに大きく捉えて無い今回の大河なのに、
いきなり「主人公のライバル」は…こそばゆいぜ(わはははははははは。


そんな中、
自分が今「真田丸」で一番気になってる人は…加藤清正公なんですよね。
現代になっても、どうしても清政公って「虎退治」的な、
戦上手の荒武者、武辺者一辺倒みたいなイメージがあると思うんですけど、
実はかなり繊細でバランスを考える事のできる、
そして合理的な考えの持ち主だったんじゃないか…と自分は思っていて。

繊細であるが故に…、
秀頼を守るために家康とどう向き合うのか…って所を、
彼は(私なんかが考える以上に)考えていたらしい事を最近知って、
清政公は実は相当な葛藤を抱えていたんじゃないか…と思う時が。
演じている荒井浩文さんの目が、
その辺の揺れる心を感じさせて…とても気になる。


花のようなる秀頼様を 鬼のようなる真田が連れて
退きも退いたり鹿児島へ


という俗謡は有名ですが、
もし真田信繁が秀頼公を連れて逃避行に成功していたら、
実際退いた先は薩摩では無く、肥後だったかもしれません。
posted by 夏草 at 03:41| Comment(0) | 大河ドラマ☆真田丸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月22日

真田大家族2 〜「きり」の秘密???〜

さて。
『真田丸』にとうとう鬼武蔵が!出て来たり、
その前は「笑える伊賀越え」があったり、
高嶋氏政さんはちょっとカリカチュアし過ぎじゃ…?とか思ったりw、
まあ色々楽しんでおります☆。
(あ、あとね、
景勝さんと愛の人の絡みも今後ちょと楽しみww)


しかし、
今日は、
全然違うテーマっすw。


ええと、
長澤まさみさんの「きり」がなんつか…もう絶好調ですね(わはははは^^;。
これはもう三谷さんが意図的にこうしてるんだろうね。

だけど一視聴者としては…見てるの…ちょっと辛い(わはははは。
(今の所はちょっと長沢さんが気の毒だ)

でも何故「こういう事になった」んでしょう。
自分なりに考えてみました。


今回ね、大河ドラマの紹介文にそもそも、
「きりは信繁の人生のパートナー」って、あるんですよね。

これ…どういう意味?。
実は彼女、高梨内記の娘で、後々信繁の側室ですよね。
つまり正室じゃないって事です。

つまりつまり、
「きりは(正室じゃないけど)実質は信繁の人生通してのパートナー、
=他に誰が居てもこちらがヒロイン」って、
意味付け、位置付けなんじゃないでしょうか…。
だから女優も「長澤まさみさん」なんじゃないか。


でもなんでこんなタダシガキが必要なのか?。
なんで単に「側室」じゃダメなのか?。


それは…昨今の歴史ドラマに対する視聴者からのクレームが、
背景にあるんじゃないか…と邪推してます。

以前そういう記事読んだ事あるんですよ。
今って、ドラマ視聴者から、
「正室以外に側室なんて不道徳な!主人公はけしからん!」とクレーム来るって。
そういう時代なんだって、現代は。


いやあ…誤解があるよね。

だってさ…昔の人が側室持ったのって、色好み以外にも、
実際は政略結婚での「同盟の証」であり「人質」であり、
そして「家を残すために男子を生んでもらう」事のためだった訳で。

しかも…子供が今みたいに元気に成人するかどうかも分からない時代だから、
跡取りは何人か複数候補が居た方が良いし…。
(まあそれが後々家督争いになる的な両刃の剣ではありますが…)
つまりは、浮気とかそういう事ばかりでは無いんですよね。


そして、
実際に信繁は何人か側室というか、正室以外の女性も居たので、
歴史好きな三谷さん的には、それを、
「無かった事にはできない(=正室しか嫁おらん的なウソ」は
書けなかったんじゃないか。



そして。

現時点で「きり」の他に黒木華さんの「梅」という娘も出て来てますね。
どうも信繁、この人との間にも子供ができるらしい。
そうなると…ここで現代視聴者から「二股」とか非難が来るかも…w。

なので!、
まず、最初にドラマから退場しそうな「梅」と相思相愛にしておいて、
(だって「きりは信繁生涯のパートナー」って但し書きがある以上、
「梅」が先に出なくなりますよね…)、
で、その後きりと恋愛モード???になって行くのでは。

つまりつまりつまり…、
信繁が「きり」を最初から好きで相思相愛としておくと、
「梅」とそういう事になったら、信繁は完全二股になってしまう。

でもって「梅」も「きり」も両方とも好き、でも…ダメでしょ!!、
今的に(わははははは。

だから「梅」と相思相愛で淡く儚い恋が最初にあって、
この間は「きり」は信繁に愛されちゃいけないわけだから、
役的に憎まれ口をきき通し、
その後「梅」が失われると…
晴れて「きり」との恋?となると…説明がつくのでは。

あ、そうそう!正室:大谷吉継の娘役、決まったみたいですね。
松岡茉優さんらしい(なかなか面白い女優さんっすねw)

ほらほら〜〜正室も来るでしょ!、
このドラマでも信繁、最少でも三人の女性と子供生まれるですよ。

でもさ、正室は「所謂政略結婚」だからね、
「きり」が居ても良いわけですよ…ここは言い訳立つのよね。

だから!「きり」は最初からこんな、
ちょっと憎まれるノリのオカシイ女の子にしておいて(ははは、
途中から俄然大人になって…とかあるんじゃないか!!!。

彼女が発展途上な間は、
ダントツで梅ちゃんが信繁の心を掴んでいると。



…でも「側室は側室で」いいじゃないか…とも思う。
だってかの時代はそういう辛さや制度も含めて「そうだった」んだし。
古いくびきやしきたり、ルール…そういうものに縛られても、
人間はなんとか生きていった訳だから…。

ドラマなんだから、信繁と「きり」は逆にますます、
「側室との悲恋(いや昔なら悲恋じゃないけどw)」として、
制約の多い世界での恋愛でも…いいんじゃないか!。
(ダメかなあ?)


あとね。

ここからは…全然方向性の違う話なんですけども。

ちょっぴり思ってるんだけども、他の作品も色々見たけど…、
…三谷さんて恋愛ドラマ、ちょっと苦手じゃないかな??…。
ちょっと苦手意識あるんじゃないか???。
だから軽く流してる所もあるのかなって。

個人的には「泣かせるドラマ=良いドラマ」とは、
必ずしも思わないけど、
(寧ろ「泣けるドラマ」とか銘打ってるのって嫌いですけどねwww)、
でも、
歴史ものってどうしてもストーリーがドラマチックでしょ。
だって明日の生き死にも分からない世界だから。
なので…アテクシなんぞ、
なんとなく歴史ドラマの恋には情緒感を求めてしまうタイプなもので、
ついついこんな感想…。

さて来週も、きりちゃんの大迷走は続きそうだぜ(トホホ。
posted by 夏草 at 02:53| Comment(0) | 大河ドラマ☆真田丸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする