2012年10月18日

惚れちゃってる日常w


今日は久しぶりにまた!推してる俳優さんwの話っす。


西島秀俊さんと斎藤工さんです!!!!!!。


きゃああああああーーーーーー西島さんがっっっ!!、
『ダブルフェイス』であの役を!!!。
録画して見て狂喜乱舞♪。
カコイイーーーーーくうぅううっっっ!!!。


893に潜入する捜査官(刑事)と、
警察に潜入する組員(表向きは勿論刑事)が、
それぞれの組織の為に身体を張って諜報活動し、
互いの組織が敵方の犬を探し出そうと血眼になる…。
神経戦なハードボイルドなお話で、御存知の方も多いかと思いますが、
コレ、香港映画の傑作『インファナル・アフェア』の日本版リメイクなんですね。


いや〜〜〜ホントにオイラ、トニー・レオンの大ファンなので(てへへ☆、
『インファナル・アフェア』三部作はかつて全部見ましたよ〜〜☆☆☆。
トニ様は潜入捜査官で、アンディ・ラウが組員刑事なんですけど、
どっちも凄ーーーーーーくカコイイんですけども、
でももうねオイラ的には、もうなんだかトニ様色が全開で圧倒されてました。

トニー・レオンの持ち味って…こうなんつか、
「神経的に追い詰められてしまう状態にある時」っていうか、
そういう「深い淵においやられてる男」っていう役の時が、
もの凄〜〜〜〜〜〜〜〜〜く色っぽいんですよね…。
なんて言っていいか分んないんですけども、
ナイーブな役で、憔悴してればしてるほど、色っぽいんですよ!!!。
だからもう『インファナル・アフェア』の時には、
ホントは刑事なのに身分も保証されないどころか、
心身の危険と隣り合わせで、神経が休まる時が無く、
それ故に半ば崩壊していく…という感じが凄い生々しい。


それでね。

今回はこのトニ様の役がっ!西島秀俊さんなんですけども。
(やっと西島さんの話ですがw)

うーーーーーーんんんんんんんん。
西島さんも前から好きな俳優さんなんですけど…この役はなんつか、
とてもトニさんと孤独感の漂い方が似てるんですけど、
似てても…これ良いよね!!!wwwww。

つか。
ハッキリ言うて…香川照之さんも上手い役者さんで好きですが、
このリメイク版、
香川さん(アンディ・ラウの役)の相方が西島秀俊さんじゃなかったら、
(トニさんの役が西島さんじゃなかったら)見ませんでした。
それくらい、西島さんの雰囲気がCM見ただけでも良かった。

香港版でトニさんは、
「自分の組に持ち込まれるヤクがホンモノかどうかを試すために、
自分が実際に吸引する=自分の身が実験体」という役なのですが、
西島さんも同じ設定で…これはホント心身を蝕んで行く一つの要因にもなってる訳で、
そんな所もちゃんとやってて痛々しい。

一方、西島さんの方がやや甘いマスク、
トニさんよりちょとだけ男くさい感じで、そういうトコも好きです!!!。
ホントに男前です!!ええ、もうホントにwww。
トニさんも西島さんも「遠い目」がキュンキュンっすね(わっはっは。
西島さんホント素敵なので…もっともっと主演ドラマとか映画とか見たいっす!。



しかし…ここに来て大問題が。
今回はTBS放映だったんで見れたんですけども、
ドラマ後半はwowwowでの放送らしいんですよね。
(香港版を考えると…ラストはああなるんで、
今作でああなって無いという事は、後編も見ないといけないんじゃないか!www)
え…でもそれじゃもしかして、
契約してないオイラ見られないじゃないですか!www。
いやいやwowwowって無料試聴できるんだっけ???ある期間は。
それ使えるんだろうか、ウチ…。
もし見れなかったらDVD出るまで待つしかないのか…トホホ。

あとさ。
本作の舞台が横浜なので…、
神奈川県警(ホンモノ)の外観とかバンバン出てくるんですけどw。
昔いろいろ不祥事があった神奈川県警なんで、
ちょと笑えないなあ〜〜と見ていたオイラです。

それと、
893が「織田組」っていうのが個人的に受けましたwww。
親分役の小日向さんは、
個人的には「日本のケビン・スペイシー」だと思ってるんですけど、
この所ホント悪い役多いねwww。
たけし監督の『アウトレイジ』でもね…イヤなヤツを好演でw。


そしてそして。

斎藤工さんでっっっっす☆☆☆。

きゃああああーーーーーーー☆。
この方もカコイイつか…色っぽいです!!。

それこそ、
ちょと前までは『戦国鍋tv』にも出てたけど、
『相棒』の特番で訳ありの犯人役だったり、
この前は『剣客商売』で若先生役をやってましたね!!!!!。
(最近舞台もあったらしいんですけど、
ちょと都合がつかなくて、見に行けないのが残念。)

斎藤工さんは身体的条件も良いし、雰囲気も凄く持ってるし、
こちらの方も大きい役で見たいですね、映画とかドラマとか…。


あ!そうそう!!!。

来年の大河ドラマ『八重の桜』って…、
新島襄の妻:八重の話らしいんですけど、
これに西島秀俊さんも斎藤工さんも出るんですよね!!!。
きゃああああ〜〜〜〜〜見なければ〜〜〜☆☆☆。

八重さんが会津出身なので、
福島県を応援するドラマという事ですが、
(会津の皆さん!ついに来ましたね!!あの戊辰戦争絡みの大河!!)、
主演は綾瀬はるかちゃんで…とても綺麗だと思うんですが、
西島さん、斉藤さんの他、男優さんも充実してますねv。

新島襄はオダジョーらしいし、
西田敏行さんとか(西田さんは福島県出身だし)、
市川染五郎さんとか(怪我大丈夫なのかな)加藤雅也さんとか、
玉山鉄二さんとか長谷川博己さんとか出るらしい!!!。
若手だと綾野剛君かな…。

くはっっ☆。
イケメンのエナジーによって、
本調子に戻る日も近い!!オイラでございますww(まだバテてるのか;)。
posted by 夏草 at 18:04| Comment(0) | 男前伝説w | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月19日

ホンモノの男前v

歌舞伎。


ものっそたま〜に見に行くくらいで、
全然「通」じゃないし、詳しくは無いんですけど、
歌舞伎って一応「時代劇」だから…、
歴史好きーとしてはやっぱ、ちょと関心ありますよね。

数年前も、
銀座:歌舞伎座の最終公演の一つで、
『伽羅先代萩(めいぼくせんだいはぎ)』の上演があって、
(例のアレですね。
当ブログでも話題になった、原田甲斐と伊達安芸と伊達兵部と…、
全部政宗公関係者のお家騒動「寛文事件」を舞台化した話)
初めて全部通して見れましたv。
長かったけど面白かったですv。
(只今、銀座の歌舞伎座は建て替え中。
こけら落としは2015年の予定だそうで…)

そんな中。

片岡愛之助さんとか市川染五郎さんとか…、
この辺は、オイラレベルのファンにとっても、
超有名&テッパン人気者だと思うんですが。
(品行不方正ながら…市川家のエビ様も、役者さんとしては大きいですね)


でも。
個人的に一番好きな役者さんは…片岡仁左衛門さんなんですよねv。


昔ね、
歌舞伎好きの友人に連れて行ってもらって、
坂東玉三郎さんとのお芝居見た事あるんですけど…、
もうね…なんつーかな…二人とも超絶お美しかったんですけども、
「匂い立つような品のある色気」っていうんですかね、
「滴るような男前」っていうんですかねw。

関東の男が「粋」で「イナセ」だとすると…、
仁左衛門さんは如何にも関西の、「洒脱なセクシーさ」が凄いv。
もうホント!フツーじゃなかったです。
しゅっと垢抜けてて、しかも、そこはかとなく憂いもあって。
一見してクラっとして…余りの魅力にバタリと倒れる感じ…www。


現在68歳だという事なんですけども…、
今日「徹子の部屋」に出るっていうんで、録画しておいて、
ホントに久しぶりにさっき仁左衛門さんを見たんですけども。

ああーやっぱ素敵なおじさまv。
11歳のお孫さんと「連獅子」踊ったんだそうで…いいですね。
お孫さんがまた可愛い…将来楽しみっすねv。


そして。
今年の4月に、
仁左衛門さんは宮城県で歌舞伎を行うという事です!!!。

こういう事らしい↓。

***************

4月25日に名取市文化会館、
26日に多賀城市民会館で被災者を無料招待して公演する。

本来は祝事で上演される舞踊「寿式三番叟」を復興を祈願して、
片岡愛之助(40)らが披露し、
仁左衛門は自身の当たり役の「身替座禅」に出演。
家来を身替わりに浮気に走る男を描いた滑稽な演目に、
仁左衛門は「大変な時期ですが、まずは(笑って)顔をほぐしてもらいたい。
少しでも癒しの役に立ちたい」と話した。

****************

「徹子の部屋」でも、
「震災の応援は長く続けるのが大事なので、
毎年考えて、実行して行きたい。」とおっさってました。

ありがとう!!!仁左衛門さん!!!。
公演を見に行く皆さん、一杯楽しんで来てくださいね☆。
posted by 夏草 at 18:14| Comment(0) | 男前伝説w | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月07日

やっぱり観るなら漢がいいですw ←付ける薬なし!

昨日(一昨日になるのか…)は日本でも、
アカデミー賞の発表がありましたね。
たまたまテレビつけたら、新人賞の方達が出ていて…、
おお〜男前だらけ♪と、次代の☆を眺めていました。

そん中に水嶋ヒロ君が居て…、
前々から思ってたんですが、この人の目力が凄いので、
戦国映画が作られる事があったら、
若き日の政宗様、彼は…どうでしょう??。
ちょと線細いかな…でもとてもカコイイ!でした、昨日見てたら。

『天地人』の松田龍平君も、個人的には政宗役、
渡辺謙さんとは違う感じで良いと思ったんですが、
あれはとにかく衣装と脚本がね…(笑。
松田君はちょと気の毒だった…損をした感が。

政宗役から離れて、個人的に期待の若手映画俳優さんはというと。
一番は……松山ケンイチ君ですv。
いいですよね!。
とても情緒感あるし、姿も綺麗だし、上手い役者さん。
だけど…やや作品に恵まれないかな(笑。
『カムイ』見て無いけど…シナリオの評判がホント悪いんで…、
(クドカンは評価がただでさえ分かれ気味)、
個人的に小雪とかも大好きだというのに……観るのが怖い(笑。
でも逆に小品、佳品での方が、彼の良さが出てるっぽですね。

それから。
瑛太君も期待の☆。
『どろろ』の頃から『篤姫』辺りでどんどん上手くなった感じが。
役者さんの幅が広がって、もう頼もしささえある感じv。
この先のお仕事がすごく楽しみ。
映画に沢山出て欲しいなあ。

松田龍平君の弟の松田翔太君も楽しみな俳優さんで。
弟さんの方が意外に…お父さんに似てる気がする。
(あ、お父さんのファンなので…どうしても思い出しちゃって。)
容姿というより、なんかこう腹の据わり具合というか、
身体の中心にあるものが、松田優作さんに似てる気が…(ははは。



でもって、
また日本アカデミー賞の話に戻りますが、
大人の部(じゃなくて、主演男優部門)には、
おおーーーーー!!、
浅野忠信さんがっっv。
きゃーーーカコイイvやっぱりカコイイなv。
なんでしょう…自分、ファンだからか、何見ても浅野さんはカコイイv。

そして。
大森南朋さんもノミネートされてた。
『ハゲタカ』で。
彼は、あの舞踏家:麿赤兒さんの息子さんですよね。
お父さんが怪物だから、きっと大森さんも怪物なんだろうな、と、
いつも興味津々で見ております。

そして、
渡辺謙さんが!…最優秀主演男優賞を取ったんですね。
おおー!謙さんの席の隣は…三浦友和さんだ!。
という事は…ここは!政宗様と成実の席!。 ←どうしてもそこへ行く…
殿も成実殿も…渋い大人になられて…!。 ←どうしてもそこへ行く…

あらためて見たけど、謙さん大きいですね。
面構えがますます漢だった…。


アカデミー賞を離れて、
自分期待の大人部門は…堺雅人さんとか西島秀俊さんとか、
本木雅弘さんとかオダジョーとか…。
あと…あんまり出ないけど、安藤政信さんも気になるっすね。
絵的には…玉木宏さんと玉山鉄二さんも観たい俳優さんで。

見たいです。
そりゃあもうね!(笑。
いろんな男前の、味のある良い映画が見たい。

今、日本映画、とても調子が良いんですよね。
やはり、シナリオが結構練られているものが多くて、
昔からだけど、今尚、大作より佳品に優れたものが多いと感じる。
この感じでどんどん面白いものを作って欲しいな♪。
posted by 夏草 at 00:45| Comment(0) | 男前伝説w | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする