2017年02月13日

2017☆殿様バレンタイン (ナニ!

突然ですが。
昨日、友から「友チョコ」貰いまして…。

こっっっこれはっっっ!!!


2017vtd02.jpg


まぎれも無い伊達政宗仕様!!!


2017vtd001.jpg


おおおーーーーーーーーー凝ってますね!。
意匠がまず凄いです!!。
(兵(つわもの)シリーズの中の「洒落者」が政宗公バージョン♪)

武将チョコって、以前から出てるのは知ってたんだけど、
他には幸村(信繁)とかノブ様とか、バージョンあったと思うんだけど、
実際に見ると!
いや実際に食べて見ると!!、
更に凄いです、コレ!。


くはっっっ。
九翟紋の「日本酒味」が……すんごい美味です!!!。
なんだろうコレ…ホワイトチョコレート苦手なんだけど、
いや寧ろこれを浴びる程食べたい!(わはははははははは^^;。

あとはね、
政宗様印のw「きな粉味」も美味しかった。
きな粉の味がするかどうかは微妙だけど(微妙なのかw、
チョコレートそのものが美味しい。

「プレーンミルク」もチョコレート自体が美味いっす!!。

「ずんだ味」は…ずんだっぽい感じです。
(ずんだはずんだ餅が一番美味しいんじゃないかな、やっぱww)

「味噌味」と「玄米味」は…力作ですが…すびばせん、
塩味がキツくて…ちょっと苦手でした。


それにしても。
これを開発した方たち…他の武将の事もあるし、
かなり調べて考えて作ったチョコレートじゃないでしょうか。
余りの凝り具合に、ソレガシ感服致しました!!。


戦国武将と甘いもの言えば…、
ノブ様が甘党だったって話ですよね。
あんまりお酒強くなかったという噂もあり、
だからしょっちゅう干し柿食べてたって。

当時、お砂糖なんてそうそう無かったと思うんで(確か)、
干し柿の甘さは破壊的な威力だったのではw。


それから、
「ずんだ」ですけど…コレ、政宗公の発明って説もあるけど、
もっと遅い時代の産物じゃないかな…。
で、
「ずんだ」そのものは結構足が早い食べ物だという印象があるので、
戦国期にもし作られ出したものだったら、
「作ったら即食べる」的な事じゃないと…お腹壊したんじゃないかなって、
いつもなんか心配な気持ちになります。


そういえば。

京都に「清浄歓喜団」ってお菓子ありますよね。
あれって…遣唐使の頃に伝来した仏教系(密教)のお菓子という話で、
現代にもその姿を伝えているという古の…。
(京都の亀屋清永というお店に伝承)

こちらのお店の解説によると、
身分の高い人々しか口には出来なかったそうです。
お菓子とか食べ物というよりも、
「宗教的な厳かな食べ物」という位置付けかもしれませんね。

実は自分も、一度食べてみた事があるのですが、
…いやもうホントに固い(トホホ。
小麦粉とか米粉を練ったもので(餃子の皮とかより厚い感じ)、
餡(最初はかんぞうとか栗とか杏とかを入れ、江戸期には小豆餡になったそうで)を
包んで揚げてあるんですが…。

そして一番の特色としては、
「お香が餡に練り込まれている」のです!。
(お清めの意味合いがあるとの事)

凄い良い匂いのごま油で揚げてある、
凄く固い瓦せんべい状の所を割ると…口に広がるお香…。

……エキゾチックな味わいです^^;。


あ、また話がまわっちゃいましたが、
お菓子の辿った道なども…なかなか興味深いものがあるんで、
これもまた調べてみたいと思ってるものの一つ。

と言いつつ…コーヒーで甘いチョコレート。
和みますなあ…w。


posted by 夏草 at 12:13| Comment(0) | 戦国で遊んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント