2017年01月08日

毛利勝永、ここにあり! 4 〜大一番!大坂の陣〜

毛利勝永シリーズ、
年を跨ぎましたが…とうとう大坂の陣でございます。


毛利勝永は、
年代から言っても…秀次、そして秀頼と、
次の豊臣家を支えて行く家臣団の一人として、
秀吉に期待され育てられていたんだろうと思うのですが、
九州平定の後、文禄・慶長の役があり、
そしてその秀吉がこの世を去ると…一つの時代も終焉に向かいます。

父:毛利勝信(=森吉成)と勝永は西軍だったために改易、
その身上は山内家に預かりという事になります。
何故山内家だったのか…という所、
勝永の家と山内家が昵懇(大坂屋敷が隣り合っていたという説もあり)で、
そもそもは関ヶ原の戦いの際、
石田三成が各家から人質を取ろうとした時に、
勝永が山内夫人を守った…という経緯があり、
山内家はそれを感謝していたのでは?と今福さんは書いています。

そして勝信(吉成)も亡くなり、勝永は大坂を目指す事に…。


毛利勝永が大阪城入りしたのは開戦ぎりぎりというか、
慶長(1614)年の11月に入ってかららしい。
(前哨戦/木津川口の戦いは11月19日前後から始まっている)。


そして…とうとう大坂冬の陣。

御存知の通り、
真田信繁が真田丸で大奮戦だったわけですが、
勝永は「大阪城西北、今橋付近の守備」という記載があるものの、
ここで特別戦闘があったという記録は無いらしい。


ここでちょっと気になったのは、
勝永がもしここに居たなら…ほぼ対峙した徳川方武将というのが、
石川忠総、池田忠継、森忠政、そして…鍋島勝茂だったという点です。
なにしろ勝永は龍造寺家の娘婿だし、
その時代前後から鍋島家と(前回まで書いたように)
勝永父子は色々と繋がりがあるし、
そもそも鍋島勝茂は山内忠義に対して、
「(山内家に預かりとなった時点で)勝永をくれぐれも頼む」と言っているらしい。
で、
勝永はどうも…鍋島家を含む徳川勢と、
睨み合った感じ(小競り合いあり?)で終戦した…とも言えるのかも。                                                                     
どうなんでしょう、コレは…「鍋島家を知ってるからこそ」、
この方面の守備を勝永が買って出たのか、
それともその逆で、
大阪城内の政治的なブレインであった直臣達
(大野治長、木村重成、薄田兼相など)から、
「知っているからこそ」回されたのか?…。
それともそれとも…全くの偶然か。


(因に、
石川忠総は、大久保忠隣と石川数正の叔父:石川家成の娘の間の次男で、
家成の後を継いで石川姓となり冬の陣に参加。
薄田兼相の守備下にあった伯労ヶ淵を落とす武功をあげた。
池田忠継は、池田輝政と督姫(徳川家康次女)の間の息子で、冬の陣に参加。
森忠政は…こちらをどうぞ☆↓。)
『血風!!森一族10 〜森家の血〜』
http://ikiikien.seesaa.net/article/173574858.html


そして…とうとう大坂夏の陣へ…。

慶長20(1615)年5月6日、名高い道明寺口の決戦です。

「道明寺口へは、まず後藤又兵衛隊が進み、
真田信繁と毛利勝永が合流するという作戦だったが、
濃霧の為に二つの隊の到着が遅れ、又兵衛が先攻して破れた」
という解釈が現在は主流のようです。
この時、
「又兵衛は気が逸っていて、二隊の合流を待てずに先走った」
という分析もあるのですが、
しかし、
そもそもこの道明寺口の作戦は、後藤又兵衛の提案に依るものらしい。


その前に起こった樫井での戦いでの、
塙直之(団右衛門)などの討死により、
今後はより大坂城近くでの戦闘が予想される中、
豊臣方に対し、徳川方兵力が圧倒的な差がある上、
野戦の名手として名高い徳川家康と平地での合戦が不利と判断し、
徳川軍が大阪城の前の平地に出る前、
丘陵がある狭隘な地形を利用しての迎撃戦を又兵衛は考えた…と。


でも実際は、
カブキ者で有名な「鬼日向」こと水野勝成の侵攻が豊臣勢の予想より早く、
(水野勝成も…いろいろあった猛者ですよね…)
これをを見た又兵衛が次善の策として、
有利な高所である小松山に上ったらしい。

で、
勝成がこれに仕掛けて早朝から戦端が開かれ、
又兵衛を小松山に孤立させる事に逆に成功した。
そして、下山して来た又兵衛を、
伊達政宗隊の先鋒:片倉小十郎重長(二代目小十郎)が討ち取った…と。
その後同日、薄田兼相も奮戦したものの敵の前に倒れた。

で、毛利勝永は…というと、
夜明けに天王寺を出立して藤井寺に着いた頃には、
又兵衛と兼相の敗兵が既に退却して来ており、これを収容している。
そして、午前11時頃に真田信繁と合流し、戦線を立て直したらしい。

この後、
有名な真田VS.伊達の激闘が繰り広げられたが、
伊達方で、
早朝からの戦闘で疲弊した片倉隊と二番手奥山兼清隊を入れ替えようという所、
真田隊にその隙を突かれ、
誉田から道明寺口辺まで…という、かなりの後退を余儀なくされたらしい。
結局最終的には、真田勢も体勢の立て直しのため一端城へ引いた…と。

因にこの時、
例の真田信繁の「関東に男は一人もおらん」発言があったらしい。

これについてもうちょっと見てみると、
真田隊には大野治長隊も加勢に現れたが、
豊臣方の河内方面での木村重成・長宗我部盛親の敗北が伝わり、
それによっての孤立を回避するため、退却命令が出た…という事らしい。
一方の伊達勢も、
(大河ドラマ『真田丸』では、伊達政宗は真田信繁の男気に感じ入って、
これを追わなかった…的な感じに演出されていたと思うんだけど)、
政宗の婿:松平忠輝隊の合流などもあって戦力がかなり回復したものの、
徳川への忠節はもう十分示したのだから、
これ以上自軍を疲弊させる事は無いとの政宗の考えがあったとする説や、
そもそも「信繁挑発からの待ち伏せ=真田お家芸戦術」の可能性もあるし、
追撃を中止する判断が取られた…という感じもあるかも。
(諸説ありますが、自分としてはこの辺りかな…と思います)


そしてそして、
肝心の毛利勝永は戦場に着いてどうなっていたのか?。

真田隊は上記のように、誉田〜道明寺口の辺りでの戦闘だったらしいけど、
この日は藤井寺の方まで戦乱は広がっていたらしいので、
(徳川方は主に誉田〜道明寺への展開、
豊臣方は誉田の西〜藤井寺への展開)
勝永は…結局この日一杯は藤井寺近辺だったのかも。
(藤井寺って道明寺口よりも大阪城に近いですよね)

で…この日の豊臣方殿(しんがり)なのですが。
殿って御存知のように決死隊です。
味方を逃れさすために捨て石になる事も多々ある。
それだけに誉でもあるけど…尋常じゃない大変さだと思われ。

勿論「関東に男は一人もおらんと言った真田信繁が」というのも見るのですが、
「毛利勝永が」という説もあるので、このブログではそっちを見てみます。

豊臣方は勝永陣所で喧々諤々の議論の末(武士の意地から誰も譲らなかったそうな)
明石全登の仲裁で毛利勝永の鉄砲隊が殿に決定し、
午後4時頃から、周辺民家に放火の上退却……切迫した感じですね。
(『関ヶ原合戦と大坂の陣』笠谷和比古)


そして運命の…5月7日〜8日。


この日の豊臣方の作戦は、
大野治長・毛利勝永・真田信繁の三者会談で決まっていた。

「毛利勝永は天王寺口南門に布陣、
茶臼山方面に陣取った真田信繁・渡辺糺と連携し、
徳川本隊を天王寺付近に引きつけ、
船場から迂回して敵の背後を突いて徳川を挟撃」というもの。
これは全軍に周知されていたらしい。

前日の流れからの両軍陣取り等から考えて、
徳川方も「天王寺・岡山方面が最終決戦地」と見ていたらしく、
豊臣方とすれば、
地形的に徳川軍を狭隘な地形に連れ込んで挟み撃ちにする、
この「茶臼山と天王寺周辺」
という策が一番いける作戦だったらしいのです。

更に、
この茶臼山なんですが…ここね、
大坂冬の陣の時、徳川家康の本陣だったらしいんですよ。
それを改造して信繁は本陣としたと。
個人的には……やるな!流石は真田!!ですw。


しかし。
戦端は豊臣方の思惑を大きく逸脱して開かれてしまいます。

当時の合戦も流石に、
「さあ!今から始めよう!」と、かけ声的なものがあるわけは無く、
なんか不意にドンパチ小競り合いが始まった…という所から、
戦の火ぶたが切られるらしいのですが、
それでも、
両軍とも「満を持して」とは行かないまでも、
そこそこ隊を配備して「自軍に有利な戦い」をしたいですよね。

でもやっぱり戦の恐ろしい所は決してそうはいかない所。
今回も…乱数要素が発動したというかなんというか、
事の起こりは…徳川方です。

天王寺方面の先鋒大将は本多忠朝。
アノ!本多忠勝さんの次男で、
関ヶ原でも武功を上げた父譲りの勇者なのです。
この人の隊が天王寺口に深入りし、
豊臣方の兵がだんだんと配置に着いて行くのを目前にして、
しびれを切らし、正午頃射撃を始めたそうな。

徳川方ももう少し慎重に事を運びたかったらしい。
(なので正午まで動きが無かった…と)
そして豊臣方も、当初の作戦を成功させるため、
「十分に徳川軍を引きつけ深入りさせてからの攻撃」を狙っていたのに、
毛利隊が本多隊の攻撃に応戦してしまった…と。
これには信繁からの応戦中止の伝令が入り、
勝永自身も攻撃中止の命令を出すも…、
もう始まってしまったものは止めようが無く。

ここに至り、勝永は作戦変更、
まず本多隊を引きつけて、足軽鉄砲隊の射撃を浴びせ、
本隊で突入し敵を壊乱した(この戦乱で本多忠朝は戦死)。

これと同時に、自軍の左右部隊を展開。
右翼隊(息子:毛利勝家など)を秋田実季・浅野長重隊に、
左翼隊(浅井井頼・武田永翁など)を真田信之の息子兄弟:信吉・信政に、
対抗させたらしい。

結果、
毛利勝家隊などに秋田実季・浅野長重隊は撃破され敗走、
真田信之の息子達は奮戦したものの、
家臣が楯になって主君を敗走させる程の苦戦となった…と。

そして、
武田永翁隊は徳川方:小笠原秀政隊に破れ、
大野治長隊がこれを押し止めようとしていた所に怒濤の毛利隊が加わり、
秀政は負傷の末死去、小笠原家の長男:忠脩(ただなが)も討死、
次男:忠真も負傷、小笠原隊も壊乱した。

毛利本隊はその頃、榊原康勝・仙石忠政・諏訪忠恒隊を撃破、
その後ろの酒井家次・相馬利胤・松平忠良隊なども総崩れ、敗走させたらしい。

まさに破竹の勢いで彼は…というか、
彼が!徳川家康の本陣に突入していった!…という事で。

でも「日本一の兵」と後年言われたのは、
真田信繁ですよね。

この時に信繁はどうなっていたか…というと。
実は彼はちょっと毛利の動きを見ていたらしい。
(元々アノ軍略家の次男だから、猪突猛進型じゃないですしね)
で、毛利勢の大善戦が徳川本陣を混乱に陥れたのを見て、
好機と見るや徳川へ迫るべく、
茶臼山下に押し寄せていた松平忠直隊に突進して行った…と。

この後、
「家康に死を覚悟させた」と言われる徳川旗本本陣での乱戦、
という展開になるようなのですが、
それでも毛利隊・真田隊は三回の突撃を交わされ、
藤堂高虎隊や井伊直孝隊などの到着援護もあり、
徳川家康の危機は去った…と。
(この辺の対決の時系列、研究者によって多少ニュアンスが違います。
結局「誰がどのタイミングで」等の所は、
ただでさえ戦争だし過去の事だし…やはり正確には把握しにくいと思われ)

そして死闘の末、真田信繁は、
とうとうその忠直隊の越前藩の武士に討ち取られる事に…。


茶臼山が取られ、真田隊の壊滅を見るや…
毛利勝永は戦線からの撤退を決行。
途中、
明石全登隊(当初の作戦は不発に終わった)に助けられ大阪城へ帰還。

夕方4時頃から大阪城が炎上、大坂方の敗色が決定的となり、
翌8日、勝永は城内に於いて、主君:豊臣秀頼の介錯をし、
自身そして息子:勝家も共に自刃。
勝永は享年37(38)歳とも伝えられています。


家康の首級を狙って、
一点突破の大逆転に賭けて果てた真田信繁とは対照的に、
毛利勝永は状況をそれでもかなり客観的に判断し、
城へ戻り、主君と命運を共にしたのか…と、個人的には思っていたのですが、
異説では、秀吉の介錯をしたのは、
「豊臣七手組衆の一人:速水守久」というものもあり。

速水守久は、
元々秀吉の近侍組頭「七手組」の一人で、
小牧・長久手の戦いにはもう出陣していたという古参の直参家臣。
なので、秀頼にも本当に近いですよね。
大阪城落城の時、直ちに自刃しようとする秀頼を諌め、
天守下の土蔵(二ノ丸帯曲輪の異説あり)に入ったらしい。
(この辺の逸話は生々しい感じがします。
なので、秀頼の介錯は…速水守久かもしれませんね…)

この間大野治長が、
秀頼室で家康の孫:千姫を帰し、秀頼の助命嘆願をしたが許されず、
そして…秀頼以下、淀殿、大蔵卿の局、大野治長、速水守久を含む、
32人が自害し…豊臣家はここに滅亡した…。


もしも、
毛利&真田の作戦が上手く運んでいだら…という意見も聞く事があるのですが、
以前に見た爆笑問題のTV番組で、防衛大学で戦略を教える教官が言ってました。
「実際の戦争に於いて、作戦計画は殆ど意味が無い。
実際の戦争は時間とともに計画が崩れていくばかりで、それに対応するのが肝だ」と。

そういう意味では、
寄せ集めの軍隊と言われる豊臣方は、転変する局面に良く対応し、
果敢に攻めていったと思います。
しかし同時に「大坂の陣」という戦いは「関ヶ原」に比べて、
恐ろしく「力押ししかない戦だった」と書いている歴史家も居ます。
戦力の質と量に決定的な違いがあった…という事を言っているのですね。

そういう事も考えながら、
もう一度原点に立ち返って見ると…、
毛利勝永は…どんな動機で大坂の陣に出陣したのでしょうか。

豊臣秀頼に現役の大名が一人もつかなかったという結果を、
彼は読めなかったのかもしれませんが、
妻への逸話のように「毛利勝永の家を再興する」という事を、
ずっと長く胸に秘めて…その先の大阪の役だったのかもしれません。

最期まで将来に望みを持ち、
死力を尽くして突き進んだ生命に対し、
自分は…ただただ合掌でございます…。


☆参考にしたもの☆

『真田より活躍した男 毛利勝永』(今福匡 宮帯出版社)
『信長・秀吉と家臣たち』(谷口克弘 学研新書)
『関ヶ原合戦と大坂の陣』(笠谷和比古 吉川弘文館)
『戦国武将 合戦事典』(吉川弘文館)
『戦国人名事典』(新人物往来社)
『地図で知る戦国 下巻』(武揚堂)
『歴史群像 デジタルアーカイブ 小和田哲男選集5』(学研 小和田哲男)
『時空旅人/大坂冬の陣夏の陣400年』(ムック 三栄書房)

他、
小和田哲男先生の本…色々と。
例によって、
当グログが「腐」なのでリンク貼るとかご迷惑なのでできない、
某超有名歴史サイト様


☆関連事項☆

『毛利勝永、ここにあり! 1 〜いざ!大坂城へ〜』
http://ikiikien.seesaa.net/article/437705438.html

『毛利勝永、ここにあり! 2 〜毛利勝永って…実は通称?〜』
http://ikiikien.seesaa.net/article/445161745.html

『毛利勝永、ここにあり! 3 〜龍造寺&鍋島と〜』
http://ikiikien.seesaa.net/article/445362485.html
posted by 夏草 at 19:23| Comment(0) | 大河ドラマ☆真田丸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント