2017年01月05日

美味し国日本!

さあ〜〜〜2017年も始まりましたっ♪。

今年のうちの正月は…日本酒だ!(わははははははは。

そうなんですよ、
ここ数年日本酒にハマってます。

あんまり量は飲めないのですが、好きな飲み方は「冷やで辛口」、
お刺身とか蕎麦とかお寿司とか鍋とかと一緒に!!!。
ああ〜〜こんな時つくづく思います、
日本人に生まれて良かった(わははははははは。

まずは…我が故郷:仙台の、宮城の日本酒。

このブログらしい事をまず書くとすれば、
御存知の通り、
お酒大好き伊達政宗公と日本酒の逸話として、
親しかった柳生宗矩から南都の杜氏を紹介してもらって、
仙台城で酒作りしたのが「仙台藩の御用酒発祥」だったという辺り。

そんな宮城の日本酒、
今は…浦霞、一ノ蔵、日高見…沢山ありますね!。
(伯楽星はまだ飲んだ事が無い……飲んでみたいなあ♪)
東北は何と言っても米どころ、日本酒どころ。
お酒が美味くないはずが無い!。
でも他県のお酒は(岩手の南部美人くらいしか)
ちゃんと飲んだ事が無いので…今年は東北のお酒を沢山飲んでみたいなw。



で、
去年は富山&新潟に行ったので、
北陸のお酒をできるだけ飲んでみました。
いやあ…もうね、北陸の日本酒も感激の嵐。
北陸も米どころ、日本酒どころだもんね♪。

久保田、北雪、勝駒、手取川、〆張鶴、上善如水、若鶴、麒麟山、林酒造場…
綺羅星のごとく立派な酒造が目白押し!。

久保田万寿のような文句無しの美酒もいいし、
北雪も好きだな〜、
そして勝駒黒部峡も美味しかったし、
麒麟山や苗加屋の味も凄く好きだな。
スッキリした端麗辛口も好きですが、
意外と個性的な味わいの日本酒も好きです。
素晴らしいな北陸!。

ところで。

「冷やで辛口」が好きと言いましたが…、
実は奈良のお酒にもちょっと好きなのがありまして。
上にも書いた柳生宗矩の話にもありましたが、
奈良といえば…南都。
日本酒発祥の地とも言われているそうで。

その中で、
春鹿と酒呑童子…これも私の好きなお酒ですw。

自分としては珍しい事なのですが、
春鹿は(超辛口もあるらしいけれども)余り辛く無い、
寧ろやや甘口ものを冷やで、
酒呑童子もやや甘口のをぬるいお燗で飲むのが好き。

これらは実は、
京都のお店で「京都の和食に合う」と勧められて。

(2017.2追記☆
2017年現在「酒呑童子」の蔵元さんのHP見たら、
「「純米酒呑童子」はリニューアルしました」と書かれていて、
「辛口」と「大辛口」になっていまして。

自分が飲んだ頃よりも「辛口」になってるっぽい。
当時は京都人の友人お勧めの老舗の料理屋さんの中居さんが、
「これはやや甘口で…」と言っていたんで、
「甘口の酒呑童子」と記憶してるんですね…。

次回京都に行く時には是非「辛口酒呑童子」を試してみたいな…)



そうなんです、
やっぱり日本酒も「その土地の食べ物や料理に合う」ものがあるんですよね。
(多分ワインや他のお酒もそうだと思う)
だから…自分的には相対的には辛口が好きだけど、
でも西の方へ行くと…やや甘口でも美味しく飲めるし、
その上お燗でもいけてしまう。
日本の食文化は素晴らしい…。


父と祖父がもの凄い吞ん兵衛だったんですけども、
そして自分は長年全然下戸だったんですけどもwww、
まさかこのトシになって日本酒にハマるとは!、
そして案外飲める自分になるとは!。

これは…もしや「眠れる日本酒好きのDNA」が突如覚醒したのか!!、
だとしたら…またすんごい素敵な、
そして悩ましい煩悩をもう一つ、しょっちゃったよ(^^;。
posted by 夏草 at 23:33| Comment(0) | 一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント