2013年04月23日

負けを認めなけりゃ負けじゃねえって事だ by 筆頭

国営放送の歴史番組『歴史秘話ヒストリア』。

近年ますますざっくりになってきてる感がw。

ここの所、
長宗我部元親、
直江兼続&前田慶次、
伊達政宗、

……と!超有名所、
BSRでもお馴染みの戦国武将の皆さんをたて続けにやってましたよね。

いやあ…元親さんの回なんてさ!、
見ましたか?皆さんw、
しょっぱなから…ホンマに「BSRのアニキ」映像よ!!w。
番組のオープニングでアニキが海賊船に乗って、
「野郎共!!」って檄飛ばしてるの見て、
うひゃーーーwwwってなったのは、
オイラだけではあるまい…(いやアレって再放送らしいけどねw。

(だってタイトルも「戦国アニキ」ですよ…。
元親さんをアニキって呼んでるのって、BSRだけですから!!www)

あとね。

国営放送がやってる番組なんで、大河ドラマを絡めてくるっていうか、
直江&慶次の回も、政宗公の回も、「会津」を取り上げてまして。

でもどうせなら…会津と諸将の縁について、
もっと掘り下げて説明した方が面白かったんじゃないかと。
せっかく取り上げたのに、いずれも触れただけ、ちょと駆け足なのが残念。


…更に「長谷堂城戦」の話になってたけど、
これね…いつも思うんだけども、
NHKは最上氏を無視し過ぎだと思うんだよね…。

それこそ『天地人』で、
「愛の武将:直江兼続」は「独眼竜政宗の好敵手」ってやってしまったせいなのか、
この図式が踏襲されちゃってて…。

伊達さんも確かに兵を出しましたよ!!長谷堂城へ。
そして、最上勢も確かに押されましたよ、上杉勢(直江)に。

だけどさー最上義光さんを無視しちゃダメでしょう!。
最上勢は寡兵ながらも、楯岡満茂・志村光安・鮭延秀綱といった、
最上家中綺羅星軍団で支えきった訳だし。
上杉方は上泉泰綱だって討ち取られてるんだしね。

元々、ここはいろいろと解釈仕方で違う見解に成り易い所だしw、
寧ろ多角的に捉えた方が面白かったんじゃないかって、
また思っちゃいました。

とゆ事で。

ここがすんごく気になったので…近々またこの辺りについて、
自分なりにブログにまとめてみようと思いますwww。

そうそう、戦国時代の戦いって、
自ら負けを認めるか、逃げちゃった方が「負け」なんだって、
そういう認識を皆が持っていたと、何かで読んだ事があってw。

だとすると!、
言いたい事がある人は沢山いそうっすねwww。

posted by 夏草 at 00:03| Comment(0) | 歴史?よもやま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。