2012年12月17日

殿!!お待ちくださいっ! by二代目小十郎

よしながふみさんの『大奥』、
家光篇には、赤面疱瘡が蔓延して農村も大変だという事の他、
あんまり政治的な国内の様子について反映されてないですよね。
(ドラマでは多少ありましたが)。

ホントはこの時代にも…、
忘れちゃいけない人物が!居ますよね(ふふふふふふ。
居ますよね!!皆さん!!!(わはははははは。
うちのブログに来てくださる皆さんなら!お分かりですよね!!ww。

そうですよ〜〜政宗公は家光公の時代にはまだ生きてらっさる。
そんで、家光大好きだった戦国爺なんでw、
家光とよく一緒に遊んでた傾奇爺なんでw、
もし家光公(男性の方)が病気で早世したと聞いたら…、
殿様どうなのどうなのww。

もしこの物語に……伊達政宗公が出演していたら!!!。


殿様
「何!家光公が御逝去……なんと…おいたわしい…(涙。
そうじゃ!危急存亡の今、江戸の守りはどうなっておる!!。
この政宗が身を挺して…いやこの際だ、いっそ攻め落としてくれよう。」

二代目小十郎
「殿!…そのような時ではありませぬ!。
我が伊達家に於いても、政情不安は同じでございます!。
疫病で既に亡き忠宗様の跡目として、
姫様が立たれたばかりではありませぬか。
ここはまず藩の体制を引き締め…。」

殿様
「五郎八を忠宗の後に立てよと言ったのは、お前だったな、小十郎。
姫は既に腹を括り、伊達家の礎となる覚悟はできている。
だが、それに比して…徳川は今揺らいでいる!。
しかも…忘れたか小十郎、ワシはまだ隠居の身などでは無い!!。
今こそやっと千載一遇の機会ではないのか!。」

二代目小十郎
「殿!今少しお考え下さい!!!。
畏れながら、我が父先代小十郎が生きていたら、なんと…。
きっと某と同じく殿を御諌め申し上げていたハズです!!!。」

殿様
「小十郎…ワシだとて無闇に主戦論を押している訳ではないぞ。
我等が悲願、今遂げなくて何時遂げるのだ!!!。」

二代目小十郎
「と………殿っっっっ」


いやいやいやいやいや!!!wwwww。
それは無い!www。

すみません…政宗様。
「そうだったら面白い」だけで(おいおい…、
無責任な思いつきをつい書いちゃって…(てへ☆。

元々『大奥』の設定だと、
女性の家光さんが誕生するのと、史実上の政宗公が亡くなるのと、
ギリギリちょっとだけ被るか被らないか…という感じ。
だとすると…「江戸を攻めてみる」は…マジ無理だよねw。

史実的視点から言っても、
江戸城の幕閣もそう馬鹿じゃないし…伊達家の動向なんて注視してるよね。
(それは他の外様大名への警戒も同じだろうし)

それから、
伊達家でも世継ぎ達が大変な事になる…んだろうかと思い、
五郎八ちゃんが後継ぎになる展開を書いてみましたがw。
忠宗さんはもうとっくに30過ぎなんで…疫病にはかかりにくい。
だいじぶ。
でも…その次の代が心配???かもwww。


なんてえ事でwww。

この設定で…伊達家二次創作とか……いやもうちょと大変だけどw、
でも女性の「樅の木は残った」とかさ!!。
いやいやいや!!!www。
妄想だけでも大変っすwwwww。
posted by 夏草 at 19:15| Comment(2) | 戦国で遊んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。先日は有難うございました。大奥の書き込み大変楽しく読ませていただきました。原作は読んでるのですが、ドラマはもう初回あたりから観てなかったので、食いつけず仕舞い。結局見ずに終わりそうです。
伊達家変換も楽しかったです。ただちょっと人名が・・・。「いろは」は「五郎八」ですよん。義姫も男勝りだったときくし、きっと五郎八ちゃんもおばあちゃんの血を受け継いで、さぞ女に生まれたのが勿体無い姫だったと思いますvv 案外軍師向きだったかも(笑)。そんな彼女が一番気があったのが重綱だったりしたら、なんだか血かねえと、さらに政宗さまがほっこりしそうですね。「小十郎」という呼び名も、景綱の方を大こじゅ、重綱の方をちいこじゅなんて読んでたらおもしろいですね。ってかキャバクラですかな雰囲気ですが(爆)。ほんと伊達家の皆様はいじり甲斐あるキャラばっかりなので、妄想し甲斐が有りますよね。


ではでは、本日はこの辺で。また何かビビっと来ましたら馳せ参じますvv


Posted by 朔也 at 2012年12月18日 15:10
>朔也さまv

いらっしゃいませ!!!。
つか…ホント先日はありがとうございました!!!。
いろいろとても楽しい出来事だったので、
もお〜〜〜〜うはうは(←死語)な自分です♪。

あ!そうですね…誤字がっっ。
くはっそうです!勿論「五郎八」ちゃんでした…。
すみません&御指摘ありがとうございます。
直しておきましたv。

大こじゅ&ちいこじゅ………受けました☆。
重綱さんは武勇の人&美男だったらしいですし、
なにしろ「こじゅーろーの息子」ですからね!!。
忠輝さんと離縁させられて長い五郎八ちゃんだし、
「姫だってひょっとして重綱の事…!!!」、
って自分も大妄想した事あります(てへ☆。
でも勝ち気な同士…結構大変かもwww(それもいいですよね♪。

ビビッと!な御来訪、お待ちしてますv。
コメントどうもありがとうございました!!。
Posted by 夏草 at 2012年12月18日 17:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。