2012年02月19日

B&G(ぼやき&疑問)www

くはっ……。

16日に仕事上の山場を越えて以来、
なんか…流石に…、
ここ半年続いた諸々のプレッシャーからの解放のせいか、
なんかどっと……気力が減退してまして(トホホ…。

でも、
ここ3日ばかり、ちょと休養を取ったので、
また明日からフツーの生活に戻したいと思ってますv。



やっぱなんかこう…体力的にも虎徹さんじゃないすけどwww、
すっかり、色々とわんみにっとなオイラ、
最近、それに拍車がかかってる感じwww(ぇ。
これからは意識して上手く休みを入れないと…結局疲労が長引くな。
結果的にそれの方がロスなんで…やっぱり昔から言うけども、
上手にオンオフできる人って偉大っすね…。




とゆ事ですが。

『南奥州戦記』のための調べも進めてるんですけど、
例の伊達晴宗さんの子供たちから、奥州武将の関係性をまずやろうと思ってて。
(あとは一代遡って、やっぱり稙宗さんの子孫もあたっておかないとねv)


で…なんかすごく気になる事が。

それは!!。

留守政景って、政宗公の叔父サンいますよね。
そう、輝宗パパの弟にあたる人。
前々から疑問に思ってたんですが…この「留守」ってね!なんでしょうww。

今の所、
「留守職」というものがあって、その任についたんで、
この家族は「留守」という名前になったらしいのまでは分ったんですが。

じゃあね、
なんの「留守職」なんだろうとwww。

この職位ができたのは、
奥州藤原氏の滅亡を見た「奥州合戦」以降の事らしい。

それまでは、
平泉の藤原氏が朝廷とパイプを持ってて、
事実上奥州を支配していた所、
鎌倉幕府の源頼朝が自分の部下(御家人)を出して、
奥州藤原氏を攻め滅ぼした…と。

こうして、
奥州の政治的支配権は鎌倉幕府に移り、
頼朝が「奥州総(惣)奉行」という職を作って、
御家人を派遣して奥州を治めた…という事らしい。

で、
「留守職」は…その奥州合戦の混乱した戦後処理を任された、
臨時の職位だったらしいんですが…、
ナニが「留守」なんだろうとwww。

奥州総(総)奉行が留守してる間の代行???。
それとも…鎌倉幕府の将軍が奥州に来ないから、その代行???。

何故「留守」!!!!!。

面白いが故に…調べられないと悶々としますwww。
posted by 夏草 at 18:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。