2012年02月15日

お前は俺のために闘え お前は俺のものなんだからな byグリフィス

くはっ。

『ベルセルク』の第一章がいつのまにか公開になってる!!(いつのまにかってw。

もう説明の必要は…無いですよね、
愛と裏切りと復讐渦巻く、激しく熱いダークファンタジー『ベルセルク』。


うわ…どうしよう!!行くべきだろうか。←そら行った方がいいよw。
そうなんだよね…第一章が一番その…なんつかキラキラで。
少年達の眩しい凛々しい世界が…ファンタジーの王道が…キラキラwww。
だけど…ここやってからこの先は、
もうずーーっと地獄巡りになるストーリーなんで…、
見続けるのが大変になると思われ。
(でも見ない事には完結しないんで…ハラハラするしw)。

しかも!!、
原作がまだ完結してないっつう…www、
もうこれって『ガラスの仮面』並の事態になってきつつあるよねwww。

そうなんすよ!!。
『ベルセルク』見るには!!覚悟が必要なんすよ!!ww。
↑そんなのキサマだけだろwww



てな事をうだうだ言いながら、公式サイトへ行ってみれば。

ああ〜〜〜。
グリフィスの名台詞が出そろってるじゃないですかあwww。



誰よりも美しく強い、
そして誰よりも野心家のカリスマ:グリフィスが、
対照的に血と泥にまみれて闘う事で死中に活路を見いだして来たガッツに、
こちらも誰よりも豪胆で勇猛な剣士なのに、
その心はナイーブで感受性の強いガッツに、

言うんですよね…。

「お前が欲しい。俺のものになれ」って。

うぎゃーーーーーーってなりましたよ、一番最初読んだ時www。

これね、表面上は、
強いガッツを自分の軍に入れようと、
グリフィスがガッツを口説く文句なんですけど、
いやもう絶対、文字通り口説いてんですよ…このカリスマ!!!www。

で。
お約束通り、ガッツはグリフィスに俺と戦えと言うんですね。
「俺が欲しければ俺と闘って勝て」って…、
いや、ガッツは具体的にそういう事を言ったりしないタイプなんですけどw、
事実上そういうニュアンス。

で、またこれまた王道でグリフィスが勝っちゃう。
「これでお前は俺のものだ」
この時!ガッツの両頬を両手で包んで!、その瞳を覗き込んで!、言うんですよ!!。
(うぎゃーーーwww)

でもって…、
この二人はその後激しい戦乱に身を投じ、
グリフィス率いる鷹の団は、
勝つ事でミッドランド王国で頭角を表して行くんですよね。

ガッツはだんだんとグリフィスの右腕になって行くんだけど、
グリフィスは鷹の団のリーダーなのに、
いつも、いわば一部下である戦闘中のガッツを見てる。

ガッツの窮地を救いに来たりするんですよね。
(萌えなんですよ〜〜もうこの辺大萌えv)

でもガッツはガッツで、
大将を自分のせいで危険にさらしたくないと思ってる。
それで聞くんですよ…「なんで俺なんか助けに来るんだ」と。


グリフィスは……こう答える。

「俺がお前のために身体を張るのに、いちいち理由が必要か?。」



くはっっっっっっ。
原作のここのトコで、オイラ毎回倒れますよ(わははははははははは。
ああ〜この人にここまで言われたら!!!、
オイラだって惚れちゃうよ!!www。
ましてガッツは…実はホントにナイーブな男の子なんですよね。
だからね、もうね、このカリスマに心わしづかみされちゃうんですよねv。

あ、イカン…止まらなくなって来たwww。

この先しかし…御存知のように、
もうホントーーーーーーに暗い話になります(トホホ。
かなり相当バイオレンスになって行くので、
血生臭い事がお嫌いな向きには、全く勧められないんですけど(トホホ。



てゆトコで!!!最後に一言。

CVの皆さんが全部入れ替えになったらしいですね。

ガッツ:神奈延年⇒岩永洋昭(岩永さんて俳優さんらしい…。
グリフィス:森川智之⇒櫻井孝弘
(森川グリフィスはカコ良かったんですよvvもう惚れ惚れ。
だけど…櫻井さんも合ってる感じはするなあ…森川さんより若いグリフィス。
キャスカ:宮村優子⇒行成とあ(宮村キャスカも好きだった…
ジュドー:石田彰⇒梶裕貴
(石田さんのジュドーも良かったっすよね。つかジュドーは良い役
リッケルト:矢島晶子⇒寿美菜子(矢島さんて…クレヨンしんちゃんじゃww。
新しいリッケルトは青薔薇ちゃん!寿さんは上手いからなあ。売れてるなあ)
ゾッド:内海賢ニ⇒三宅健太
(ゾッドが大好きなんですよね(ぇ。人外大好きなんで…てへへ


これから数年??続く映像化なので、
若い布陣に総とっかえしたんだと思うんですが、
ホントに長丁場だと思うんで…皆さん頑張って!!!。

あとね…絵は…どうなんだろ、
これは流石に映画館で見てみないとなあ。
もっさりしすぎると時代に合わないし、
かといって綺麗綺麗だと軽いし…どんな感じなんだろう…。


因に、
6月23日には第2部、冬には第3部の公開が控えてるとの事。
うわ…本気で全編映像化するんだなあ…。
これは…長年のファンとしては…やっぱ見に行かないといかんかww!!。

ああ〜でもなんかコワいwww。
長い間ファンなせいか…なんかコワいんですよwww。
ラベル:ベルセルク
posted by 夏草 at 00:23| Comment(0) | まんがとかアニメとか映画とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。